2015年を振り返って

ブログをご覧頂きありがとうございます。 1年の締めくくりとしてご挨拶させて頂きます。 もし「自身の1年を1文字で表現せよ」と命じられたなら、 私は「決(けつ)」とします。 方向性が「さだまった」という意味合いです。 情報革命による顧客中心市場がどんどん加速する中で、私は一体何で貢献出来るのか? に対する方向性が定まりました。 手描きの拙いものではありますが、自分の地図を手に入れたんだと思います。 そして来年はエリアマーケティングをはじめて20年になります。 20代の頃からデザイン活動の一環として土曜日の時間をストリートリサーチに捧げて参りました。 調査-編集-レポート作成に合計8時間程度費やし、年間40週実施したとして320時間/年です。 320時間x20年=6400時間。 「1万時間ルール」からすると3600時間足りませんね。。。 エリアマーケティングも自動化されることを想定しつつ、少なくともあと11年続ける理由が見つかりました。 年末年始 休暇のお知らせ 期間:2015年12月29日(火)~2016年1月4日(月) では良い年をお迎えください。

ビッグパンツ・ワイドパンツ【拡大】2015/12/25

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月19日(土) 気温:12度 晴れ 13:30~14:50 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:147人 標本数(n):11人 ビッグパンツ・ワイドパンツ等ボリューム系パンツがファッション層の間で拡大している様でしたのでメモしておきます。 147人中11人、7%の着用率でした。(前回11/21調査時 5%) 着用者層はファッションリーダー層とファッションに未熟なフォロワー層の両極に分かれている印象が大。 シルエットは大きく3つ、ストレート、テーパード、サルエルに分かれ、ソフトも含め「テーパード」が最大値です。 カテゴリーで分けるとスラックスタイプが最も多く、次いでデニム、スエット地となりました。綿パンツタイプは今回は未確認です。 カラーは約7割がブラックでした。 丈のバランスがポイントで、失敗の最大要因にもなっている様に思います。 裏返すと成功要因でして、 パンツ丈x靴xソックスの「足首のおしゃれ」領域にも気を使う必要がありそうです。 ビッグパンツ・ワイドパンツはシルエットに主張が強い分、コーディネートが難しいアイテムだと思います。 お手本となる事例が少ない事が、サマになっている人とそうで無い人の差が容赦なく表れているのかもしれません。 この辺りが普及率16%の溝を超えられない原因のひとつになっているかもしれないと思います。 #メンズボトム

デザインブルゾン・刺繍ワッペン/PT【拡大】2015/12/24

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月19日(土) 気温:12度 晴れ 13:30~14:50 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:147人 標本数(n):6人 アウターのデザイン化が進んでいます。 対象となるのはほぼ全てのタイプで、今回はデザインブルゾンに注目します。 デザイン化の方向性はストリート系、スポーツ系、モード系、アメカジ系に分かれます。 それらの中で2015FWシーズンテーマ「ミリタリー」テーマと合致するアメカジ系の出現率が最も高いようです。 リード商品を設計する際、シーズン前に業界主導で幾つか提示されるシーズンテーマのうち、 第一テーマに合致させることが重要になっていると思います。 いっぽうで購買は個人のライフスタイルに合わせた”シーズン単品買い”であります。 よって着用率の推移と新鮮ディティールの発生時期を重ねあわせ、需要を予測することとなります。 従来のMD手法と違うのは、”外部の顧客情報(≒街のビッグデータ)の分析と デザインへの導入”であると考えデザインのIT化で精度向上をめざします。 今回取り上げるデザインブルゾンの変数は、「刺繍ワッペン」、「アップリケ」、「プリント」。 147人中6人、4%の着用率でした。 #メンズブルゾン

トラディショナルルック【登場】2015/12/22

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月19日(土) 気温:12度 晴れ 13:30~14:50 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:147人 標本数(n):3人 ブリティッシュトラッドに注目します。今回キャッチしたのは、 アイビールック(アメトラ)に対するブリティッシュトラッドの意味で ライフスタイル(生活様式・価値観・個人の生き方)であります。 トラッドには”着こなしのルール”があり、それは支配や統治・規則など昨今の混乱する社会に対するメッセージ性を感じると共に、 機能性とスポーティな感覚であることが昨今の風潮に合致している気がします。 ブランドで言うとBarbour・バブアー で英国上流階級のアウトドア・ライフスタイル。 人によっては、おしゃれな30代会社員向けブランド?と思われるかもしれません。が、 今回の意味合いはそうでは無くて、ストリートファッションの中での新鮮ルックの発見であります。 よって私的にキャッチしたキーワードを継続ウオッチによって確かめててゆくという 作業の、最初の一歩とご理解くだされば幸いです。 方向性は3つ。 「レトロなアウトドアー」「レトロなエレガンス」「モードミックス」。 以上をメモとしておきます。 #メンズスタイル

レトロダンディールック【登場】2015/12/21

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月19日(土) 気温:12度 晴れ 13:30~14:50 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:147人 標本数(n):3人 レトロダンディーとは1980年代のダンディズム。自身のスタイルを持っていてカリスマ性を備えた人物像。 今回女性の「男性的な」の意味であるマニッシュに対して、男から見てカッコいい男を意味する言葉として ダンディーとしておきます。個人を特定すると誤解が生じると思うのでここでは触れません。 2016年春夏テーマを参照するとレディスではフェミニン(女性らしさ)が浮上する中 メンズでは「男っぽさ」に注目できるというイメージであります。 モノトーン系で細見のシルエットにネクタイやソックスのアクセントカラーという、イタリアンな要素を感じさせます。 また、黑いサングラス、ヒゲ、オールパックやリーゼントという服以外の要素が 「レトロダンディールック」に大きなウエイトを占めている気がします。 今回147人中3人の「レトロダンディールック」に該当する人物を確認しました。 比率にすると2%でファッション偏差値70以上、大学に置き換えると東京大学や京都大学のレベルであります。 #メンズスタイル

カラーコート【登場】2015/12/18

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):10/73人 コートのカラー化(カラフル化)に注目します。 カラー化に該当する色はオレンジ系、グリーン系、イエローマスタード系、ブルー系の4色で、 コート全体の13.7%を占めました。 最頻色はグリーン系、注目色はオレンジ系、斬新色はイエロー/マスタード系であります。 色柄は広く面で目に入ってくるものなのでシーズン毎にテーマカラーを押さえることが大切だと思います。 しかしながら昨今のメンズストリートではセオリー通りには事は運んでいない様に見えます。 例えばグリーンは昨年の新鮮カラーですが、 今シーズン「ミリタリー」テーマに沿う形で色味が変化し再登場しています。 そしてカラーコートの中では、今回の集計に限っては最頻色でありました。 この部分だけを切り取ると、法則性は「昨年実積のトレンド色xシーズンテーマに合わせて変化」で、 最も稼げる(かもしれない)カラーバリエーションの設定ができる(かもしれない)ことになります。 ちょっと話しがずれますが、 課題はここから先のデザイン制作のプロセス変更にあると思っておりまして、 社内で議論する前にデザイナーのアイデアを「すぐに市場で試してみる」ことができる環境が 作れれば、目の前にある諸問題が多少なりとも解消し何より未来に備える事だと思うのです。 それは「デザインのデジタル化」と「デザインに分析を取り入れる」ことだと考えます。

コートの素材変化【現状確認】2015/12/17

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):9/73人 コートのデザイン化が進んでおります。 ロング丈、ダブル前立て、ショール衿、ブルゾン衿、衿なし、シャツ風、カーディガン風、カラーコート,etc。 前回「非ウール系」の中で素材トレンドについて少し触れましたが、 今回はウール系も含めた全てのコートを対象に”素材変化”をテーマに現状を考察してみます。 今回キャッチした「コートの素材変化」のテーマに合致するキーワードは3つ。 1.杢調(ミックス柄)、2.チェック、3.柄織物です。 1.「杢調(ミックス柄)」...杢糸以外に白黑2色の糸と織り組織で作られるミックス柄に注目。 2.「チェック」...ブロック、シャドー、大柄など脱定番柄が進行中。 3.「柄織物」...パッチワーク風、幾何などシーズンテーマに合致した柄が登場。 以上を出発点とし、業界発信のテキスタイルトレンドを新レイヤーとして現状の上に重ねます。 そしてストリートを継続ウオッチし変化を更新し続けておりますと、 だんだんベクトル(方向と大きさ)がはっきりと浮かび上がってくるのではないかと思います。 #メンズコート

非ウール系コート【現状確認】2015/12/16

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):17/73人 コートのデザイン化傾向は丈や衿型などの形状変化が先行しているようです。 今回は素材変化の動向をキャッチするために「ウール:非ウール」で現在の比率を押さえておきます。 また特徴的なデザインをメモし次回に繋げます。 アウター全般におけるコートの比率は47%で、そのうち「非ウール系」に該当するものは23%でした。 ファッション層の10人に2.3人が非ウール系だったということになります。 混率は外観からの推測なので”参考”としてください。 ”綿がらみ”が中心で、合繊素材がトップトレンド。 後者はレディストレンドでもあり、メンズにおいてはニュートラルやモードのファッションタイプに合致しています。 今後は中間を狙った素材設定が落としどころになる気がします。 もうひとつの方向性はスポーツ素材でアウトドアーブランドに見られるような機能の付与や 張り腰のある風合いが特徴です。ボリュームシルエットを強調する場合にも相性が良いと思います。 #メンズコート

ロングコート【拡大】 2015/12/15

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):8/73人 ストリートリサーチの鬼★ 小山 隆 (Reserch & Design Tokyo代表) 冬のコートトレンド考察、今回は”丈”に注目します。 アウターの種類を5つに分けるとコートは47%のウエイトがありました。そのうちロングコートは8人居て比率にすると11%です。 ファッションリーダー層のコートルック、10人に1人がロングコートを着用していたことになります。 丈だけでも十分主張していると思うのですが、この日の観測ではさらにカラーバリエーションの広がりもみられ黑以外が50%存在していました。 さらにダブル前立てであったり、衿の形状にデザイン性を持たせていたりと、コートのデザイン化現象をここでも確認できました。 次の変化の方向性ですが、素材バリエーションの拡大が予想できます。 テキスタイルトレンドを合致させ「非ウール」でデザインの方向性を検証してみると良さそうです。 たとえば我々の場合、ストリートから拾い集めたキーワード(変数)を目的に沿って再編集し、多変量解析で最適解を求めた後、デザイナーの感性を注入してゆきます。 (デザインに分析を取り入れます) #メンズコート

M-65タイプのデザイン化【登場】2015/12/11

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):3/24人 2015年秋の最大風速は「ミリタリー」テーマに軍配が上がると感じています。 今シーズン、M-65型のフィールドジャケットはMA-1に代わる提案アイテムとしての役割を持っており、それなりの結果を出していた様に思います。 M-65型は季節アイテムということもあり今回の観察が2015年の最終メモとなりそうです。 全てのアイテムで”デザイン化”が見られるなか、 M-65型も例外ではありません。 今シーズン(秋)の登場アイテムでありながら、シーズン末にはデザイン化が見られるということで、これは冬のテーマ「クラフト調」の中で表現されているようです。 アウターにおける「M-65タイプのデザイン化」の比率は12%。 コートやジャケット等全てのアウターを含めると1.9%。100人中2人の出現となります。 以上が「M-65タイプのデザイン化」の今回の位置づけ。 次に「デザイン化の要素」を羅列すると以下のとおり。 「パッチワーク調のデニム切り替え」「プリント入り」「スタッズ」「ワッペン」。 今回は確認していませんが他アイテムに見られる「デザイン化の要素」を、 次シーズンのテーマに沿って用いてみるのも良いと思います。 #メンズジャケット

ビッグブルゾン【登場】2015/12/10

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):4/28人 ブルゾンにもデザイン化の波が押し寄せています。今回はシルエットに注目。 2015年夏のビッグTシャツが決定づけた感のあるビッグシルエットの拡大傾向は、今秋のワイドパンツ/ビッグパンツ、ビッグシャツ、ビッグジャケット、ビッグコートと巾を広げてきました。 課題は「深さ」が足りないことで、夏のビッグTシャツ以来「拡大」フェーズに入ったアイテムが確認出来てない状態が続いています。 レディスとは状況が異なっている点がミソで、 今回ブルゾンのビッグ化をキャッチできたことは意味のある事だと思います。 アウター全般の中でブルゾンが28点。 28点の中でビッグブルゾンは4点でした。比率にして14%。 ビッグデータと定点比較するとさらに面白いと思います。 ファッションタイプは全員が「ミリタリー」ミックスであった点も特徴的。 実積をベースにビッグシルエットという新しい要素をかけあわせリニューアルするという昨今のパターンですね。 しかし公式は分かっていても正解を出すのが難しいのは、流行の変化が地味で分かりにくい上に小規模でスピードが速いからだと思います。そして対策はデザイン部門のオンライン化にあると考えています。 #メンズブルゾン

バックプリント・バック刺繍アウター【登場-3】2015/12/09

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):7/72人 今秋より観測に入った「バックプリント・バック刺繍アウター」は、10/17の調査レポートに始まり約2か月の間、10%程度の出現率を維持してきました。 (10/17は10%。10/31は13%。12/05は10%の出現率) この状況をどう評価するか? 偏差値化すると誰にも分かり易いと思うのですが、そうでは無くて特徴を分解することとします。 バックプリント・バック刺繍アウターの評価軸は、1.ファッションタイプ、2.対象アイテムの2つ。 1.ファッションタイプはさらに「ミリタリーミックス」、「ストリートミックス」、「モードミックス」の3つがあり。 2.対象アイテムは「ブルゾン」「コート」「アウター」(「コーチジャケット」)となります。 以上が特定できると次の階層もほぼ自動的に決まってきそうです。 例えば「ミリタリーミックス」+「ブルゾン」に「素材」と入力すると出力は「ヘビーツイル」となります。原料・テキスタイルトレンドやコレクション情報など未来データを変数として事前に入れておけば、検索条件に応じて回答は変わってきます。 #メンズアウター

ボリュームネック・アウター【登場】 2015/12/08

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):5/142人 ”ネック形状の変化”が全アイテムに共通する2015FWトレンドです。アウターに関して、秋口に「カラーレス(衿なし)」「スタンドカラー」が登場しました。世間の多数派はベーシックトレンドで引き算のディティールが支持されている感があります。 アウターのネック形状は、チェスターコートのテーラー衿、ブルゾンのリブ衿などインナーのタートルネック比率に比例するカタチで推移しており今後もその構造は継続する気がします。 ところが一方でそれらとは対極の「アウターのボリュームネック化」または「アウターネックのデザイン化」の芽と見られる現象が確認できました。 今回観測した「ボリュームネック・アウター」の該当数はコート.アウター総数142人に対してわずか5人。比率にすると3.5%で、偏差値で見ると70<65 あたりとなります。 大学に置き換えると「北海道大」「東北大(法・文・経済)」「横浜国立大(経済)」あたりの様です。 ((「ファッション偏差値」=10x(点数-平均値)÷標準偏差+50)(「大学別偏差値」ベネッセ/マナビジョンより)) #メンズアウター

タートルネックニット【拡大】 2015/12/07

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):13/48人 ネック形状の変化がすべてのアイテムで起こっています(シャツ、トップス、アウター、コート)。秋口はカットソーアイテムでハイネック・タートルを着用する姿が一部のファッション層で確認できました。 11月に入って気温の低下とともにニットの着用率が上昇し、 インナータートルがある程度のまとまりとして確認できる様になりましたので定量的に押さえておきます。 この日のニットアイテムにおけるタートルネックの比率は27%でした。約3割ですから数値だけで見ても「拡大」のフェーズに入っていることが分かります。 ファッション偏差値は急激に50の平均に接近しており、形状だけでみると今シーズン一般化すると思います。 デザインは判別しにくいのですが、ミドル~ロゲージの無地が中心でベーシクカラー。オフホワイトが今年っぽさの主流でカラーニットはごく小数。 コーディネートアイテムはコートが60%でした。 コートについてはビッグシルエット化タイプとの相性が良いと思いますので、そこに合わせてタートルネックニットの"次の1手"を考えてみるのも良さそうです。 #メンズニット

キルティングブルゾン【登場】 2015/12/04

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年11月28日(土) 気温:14度 晴れ 13:30~16:00 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:175人 標本数(n):5/26人 ブルゾントレンドは11月も止まりません。 表地がキルティング素材になって進化を続けるブルゾンルックを塊りで確認しましたのでメモしておきます。形はやはりMA-1タイプが基本であります。 着用者層は 登場ステータスであるにも関わらず、既にマジョリティ層である様に見えました。短期間で拡大する可能性もありますが、反対に地味に終息する可能性もありそうです。他に良いブルゾンが出現しないなど周辺環境によって結果は変わってくるのではないかと考えています。 この日確認したキルティングブルゾンは、ブルゾン全体の19%(26人中5人)でした。 デザイン面でのチェックポイントが他に2つ。 1.リブ衿が3点でその他フォード1、スタンド1でした。(ノンネイティブ等イメージ) 2.肩ヨーク切り替えになっているものが3点あります。 #メンズブルゾン

エスニック・フォークロア調【登場】 2015/12/03

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年11月28日(土) 気温:14度 晴れ 13:30~16:00 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:175人 標本数(n):5人 業界発のファッションテーマのうち、「エスニック・フォークロア調」が冬の装いで登場しています。 また、ストリート先行型?かもしれない他のテーマ、例えばワーク、ビンテージ、アウトドアーなどともミックスされてゆく事が予想され、今後の動向に注目したいと思います。 今回確認したのは175人中6人で、比率にすると3%でした。 数字だけで見ると偏差値70以上の高いレベルでありますが、イノベーター曲線上で見ると また少し違った評価になるかもしれません。 アイテムの”柄化”が拡大しておりますが今後を占う先行指標となるかもしれません。まずはどの様なもが今回観察できたかメモしておきます。 色:ベージュ~ブラウンとグレイッシュカラ-が新鮮。 柄:南米風エスニック幾何柄。 形:チュニックトップスが新鮮。 細部:手仕事風太ステッチ、2重臼、生地裏使い(風)、フリース調、カットオフ、ボア使い。 以上に ”今どきディティール”が加味され、ちょっとした進化が延々と繰り広げられる・・・というのが昨今のデザイントレンドを象徴するものだと思います。 #メンズスタイル

モード&アバンギャルド【登場】 2015/12/02

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年11月28日(土) 気温:14度 晴れ 13:30~16:00 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:175人 標本数(n):7人 一部のリーダー層に「モード」や「アバンギャルド」が登場し、複数人確認できる様になりました。そもそも原宿と言えば、「モード」や「アバンギャルド」のイメージがあるかもしれませんが、今回ファッションマニア層では無さそうな人種も多数混じっていた点が印象的でした。 カラーコーディネートを見ると、 黑を主体としたモノトーンコーディネートがセオリーですが、今回新鮮に映ったのは、「グレーxグレイッシュカーキxブラック」のカラーアソート。 これは2015年のシーズンカラーと出現率1、2位のカラーの組み合わせであり、さらにモードという先端的スタイルで再現されている点に意味がある様に思います。 来シーズンにも使えそうな公式ですね。 キーワードを抽出してゆきますと、 スリムフィットのパンツ、ナローシルエット、ショート&ロングの丈コーディネート、、、などなど。 デザインに落とし込む際は、 ”ミニマルモードで表現するベーシックスタイル” という見方をするとアイデアが広がるかもしれません。 この日撮影・分類した「モード・アバンギャルド」出現率は3.4%(7/175人)でした。 まだまだ これからという感じですね。

コートのデザイン化傾向【登場-2】 2015/12/01

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年11月28日(土) 気温:14度 晴れ 13:30~16:00 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:175人 標本数(n):14/62人 先週(11/21)気が付いた”コートのデザイン化傾向”を2週連続でレポートします。先週と比較しますと、「1週間で気温が6度下がりコートルックが6%増加し、コートのデザイン化比率は変わらなかった」 ということになります。商品ライフサイクル曲線上の「拡大」フェーズにあると言えそうです。 今回確認したデザイン・ディティールは 「ダブル前立て」「ビッグシルエット」「ブルゾン風デザイン(MA-1風)」「カラードコート」。「チェック地コート」も同じデザイン化トレンドに入りますがここでは除外しています。 ファッションテイストは 「アバンギャルド/モード」の流れが新しく、ブラックやモノトーン中心のルックでオピニオンリーダー層の間で拡大している印象があります。 シルエットは「ゆるい」と「ナロー(細長い)」に分かれます。(このレポートでは細長いデザインコートは掲載していません) #メンズコート

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round