モードミックス【登場】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年05月21日(土) 気温:25度 晴れ 13:00~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:130人 標本数(n):4人 男女ともに、モード系スタイルの芽があります。 白黒コーディネート、ブラックルックなど、色の見え方xシルエット変化で ベーシックを少しモードな感覚で新しく見せるトレンド(全体の15.4%)がありますが、 今回のテーマはそれらを対象としていません。 現在「モードミックス」出現率は3.1%。 初期のオピニオンリーダー層に位置しています。 ファッションタイプがら見てゆくと、 1.「マニッシュモード」2.「フェミニンモード」の対比構造と、3.「ストリートミックス」 1.2.はエレガンステイストが軸となり、3.はカジュアルPOPさが判別の軸となります。 #レディススタイル

ベアショルダー【登場】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年05月21日(土) 気温:25度 晴れ 13:00~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:130人 標本数(n):10人 夏を前にして、今回幾つかの新しい潮流を確認しました。 その中でも今回は「ベアショルダー」の登場に注目してみます。 出現の背景を 1.「70sエッセンス」、2.「エスニック」というシーズンテーマであると仮定します。 1.はベアショルダーのプルオーバーを紐づけ、 2.はベアショルダーのスモックで紐付けてみるとルックが少しイメージし易くなると思います。 「ベアショルダー」アイテムは急上昇中のエレガンスタイプのほか、 フェミニンタイプ、カジュアルボーイ&ガールなどで確認しました。 色は”白”が圧倒的多数。 ディティールはラッフル、スモック刺繍、ギャザー、レース切り替え。 コーディネートボトムはスカートではなくパンツで、ガウチョやワイド、ビッグ系が多数。 シルエットはショート(Top)&クロップド(Pants)の丈バランスとなります。 この日の「ベアショルダー」出現率は7.7%でした。 #レディストップス

ベリーショートトップス【登場】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年05月21日(土) 気温:25度 晴れ 13:00~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:130人 標本数(n):5人 着丈の極端に短いトップスに注目します。 「ベリーショートトップス」登場の要因は多数あると思いますが、 例えばシルエット面から推測してみると、 1.トップスの裾をボトムに入れる着こなし方が主流となり、 2.シルエットコーディネートは「ハイウエストボトム&ショートトップス」が刷り込まれ、 3.ショートトップスの新しい見え方として、ボトムにインしない「ベリーショートトップス」が出現した。 という流れになります。 補強する要因としては、 フィットネスやヨガなど「スポーツウエア」から来るものや、 「70s、ボヘミアン」などシーズンテーマから来る要因など、幾つかのベクトルがあります。 2013年に「へそ出しルック」が少し話題になりましたが、 周期的な視線で「ノームコア」の普及具合と「セクシー」「デザイン化」との関係性 についても整理し、慎重に動向を見ておく必要がありそうです。 #レディストップス

エレガントトレンド【拡大】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年05月14日(土) 気温:24度 晴れ 13:15~14:20 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:88人 標本数(n):26人 ストリートファッションを周期で見ると、「エレガント」のフェーズに入った様に思います。 (ここで言う「エレガント」とは純粋な意味でのエレガントファッションでなく、 エレガントミックススタイルであります) エレガントルックの定義は、大学生以下の人から見たOLっぽいファッションとしておきます。 言葉の意味は上品な美しさ。優雅。気品。 象徴アイテムはスーツ、セットアップ。靴はパンプスを合わせます。 以上のルールで「エレガントルック」「カジュアルルック」に分けると、 この日の「エレガントルック」の出現率は29.5%でした。 「エレガント」周期のスタート時点を2016年春とした場合、 今後この比率がどの様に推移して、その期間はどれ位あるのか? 過去の実積を長期で検証してみると多少法則性の様なものが見えてくると思います。 補足: クリエイターの目をカメラのレンズに例えると、大きく2通りあって、 1.「マクロレンズ」は、新規性のある部分にフォーカスし、大きく映し出せる目。 2.「広角レンズ」は新規性のあるトレンドを、広さと遠近感を持って映し出せる目。 1.はスペシャリスト、2.はエキスパートに分けられると思います。 #TOPIC

ストライプ【拡大】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年05月14日(土) 気温:24度 晴れ 13:15~14:20 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:171人 標本数(n):12人 2016年春夏、プリントを省いて柄のトレンドを見たとき、 チェック柄が減少し、ストライプ柄が増加しています。 柄のタイプは2色使いのシンプルなものが中心で、 対象アイテムはスカート、やワイドパンツ。 またブラウスや帽子などのグッズにも見られました。 トレンド全体感としてエレガンスミックススタイルが浮上していますが、 合繊系の繊細なストライプは同トレンドの中で良いアクセント素材の役割を果たしている様に思います。 この日の「ストライプ」出現率は7.0%。 #レディスパンツ #レディススカート

ブラウス【登場】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年05月14日(土) 気温:24度 晴れ 13:15~14:20 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:171人 標本数(n):6人 ブラウスの浮上をチェックしておきます。 大雑把にオーバーブラウスとシャツブラウスの2つに分けると、 前者はカデーィガン感覚で羽織り、 後者はボトムにブラウス裾をタックインしてゆったりと着こなすイメージ。 そして今回新たに2つのデザイン進化をキャッチしました。 1.「プリント素材の適用」と 2.「デザインディティールの複雑化」 であります。 1.「プリント素材の適用」は、 単純なドット柄やストライプが一般的ですが、 2016春夏コレクションに見られた様なモードな抽象柄も一部に登場しております。 2.「デザインディティールの複雑化」では、 エスニック感覚のスモックやピンタック使い。 目新しい所ではシルエットのビッグ化と連動した「コート袖」が挙げられます。 カラートレンドで考察すると、 カーキグリーン、キャメルオレンジ、ヌードベージュ、ライトブラウンなど、 今シーズンはアースカラーとナチュラルカラー使いが新鮮に映ります。 #レディスブラウス

黒コーデ【登場】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年05月14日(土) 気温:24度 晴れ 13:15~14:20 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:171人 標本数(n):11人 全身を黒いアイテムでコーディネートする着こなしを「黒コーデ」と呼んでいます。 過去を振りかえると、毎年現れるひとつの塊り(テーマ)の様な存在です。 従来は秋口がピークになる傾向が強かったと思うのですが、 今春は既に誰の目にも分かるくらいの普及具合になっていると思います。 その最大の原因は「モノトーンルック」の出現率増加にあります。 この日の「黒コーデ」出現率は6.4%。 10人中0.6人が「黒コーデ」であるということですが、 「モノトーンルック」で算出すると数値は大きく変わります。 現在「白コーデ」「黒コーデ」「白黒コーデ」と3つの区分けがあり、 全てを合算すると「モノトーンルック」の出現率は21%にも上ります。 10人中2人が「モノトーンルック」であるということです。 かなりのインパクトですよね。 黑いファッションというと、真っ先に「ロック系」「モード系」が頭に浮かぶと思いますが、 この日は「エレガンスミックス」「リゾート」「ストリート」「ベーシック」「ガーリー」など多岐に及んでいます。

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round