ブルゾンのデザイン化【拡大】

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年10月22日(土) 気温:20度 晴れ 14:15~15:00 母集団N:88人 標本数(n):6人 Ma-1タイプのバックプリントやアップリケ刺繍、多ワッペン使い。 またいっぽうでスエードや別珍、レザー、プリント素材の登場など、 ショートブルゾンのデザイン化が拡大しています。 ショートブルゾン、ショートジャケットというカテゴリは今後も伸びてゆく気がしています。 昨年同月比(2015年10月)を比較すると、既にアウター・コート比率が高く、 その分が今年、ブルゾンに集中しているのだろうと思います。 (昨年のコート比率にはすさまじいものがありましたから) レディスの傾向を見てもデザイン化の波は確認できますし、 コレクショントレンドと合致してもいます。 「デザイン化は進む」としたとき、 その方向は、対象は何でしょう?  ”極端ディティール”など新しい芽も幾つか確認していますが、 市場性の大きな順番に並び替える(優先順位をつける)ことが重要になってきそうです。 ビッグシルエット、スタジャン、スカジャンを除外し、 「ブルゾンのデザイン化」で集計した際の出現率は、6.8%でした。 まだまだ伸び代はありそうですね。 #メンズブルゾン

裾を広幅で折り返す【登場】

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年10月15日(土) 気温:22度 晴れ 13:50~14:.25 母集団N:145人 標本数(n):4人 ”ビッグパーツ”は2017年春夏のコレクショントレンドのひとつ。 たとえば「大きな衿」のアウターや「ファートリミング」のカフス。 面積で大きくみせる方法と、容積(ボリューム)で大きくみせる方法ですね。 従いまして、パンツの裾を広幅で折り返す行為は、 面積でビッグパーツを表現していることになります。 このことを知っておくと、新しくパンツを買ったときに裾上げし忘れたとしても、 自信を持って太く折り返すことができるんじゃないでしょうか。 ちなみに、パンツの全体トレンド(主流)は、 ”クロップド丈”が主流です。 広幅に折り返した上でクロップド丈であること が重要ですね。 #メンズボトム

”服は情報”その先にあるものは?

------------------------------------------------------ ”服は情報” ”ファッションは感情” ファッションで服は売れなくなった。 服を売るには情報を攻略しなければ生き残れない。 ------------------------------------------------------- 参照情報 一部抜粋 ――アパレル業界はこれからどこへ向かうのでしょうか。 「情報化が進み、まず国境の差がなくなりました。それから業界の差がなくなった。いまや世界中に飛び交うニュースをインターネットで得て、それを人工知能で全て分析できるという時代です。その胴元が米アマゾン・ドット・コムや米グーグル。服は情報そのものなので、彼らはファッション業界に入ってきています。必ず次のメインプレーヤーになりますし、近い将来、大きな競争相手になるでしょう」 「日経ビジネスオンライン」誰がアパレルを殺すのか 情報化社会におけるアパレルの将来像 ユニクロ柳井氏「いずれ、グーグルと競合する」 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/092900020/100600009/?n_cid=nbpnbo_twbn&rt=nocnt

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round