レオパード柄【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2017年10月18日(第42週) 気温:18度・曇り 母集団N: 42人 標本数(n):3人 出現率:7.1% SNS:投稿23,220件 レディスストリートのレオパード柄を使ったコーディネートに注目します。 「アニマル柄」は2015年秋冬のトレンドでした。 今シーズンはチェック柄コーデが主役の中、 一部にレオパード柄を使った着こなしが見られました。 18春夏の先触れとしてメモしておきます。 まずは位置づけを仮定しておきたいですね。 チェック柄を使ったコーデを「トラッドガール」とすると、 レオパード柄を使ったコーデは「セクシー姉さん」でしょうか。 何となく1990年初頭のボディコンファッションに、90年代後半のセクシーギャルファッションが 多少交錯したような印象を受けました。 #レディスルック

【経営者≒クリエイターであること】

「社会・環境の変化に合わせて自身も変われない者は滅びる」 と言われますが、言い換えると 「常識の壁が壊れて行く社会=個人の経営力が問われる社会」 と考えています。 あらゆるものごとが新しい技術で置き換わってゆく中、 経営力=生存能力で、 生存能力=創造力の時代なんだろうと思います。 従いまして 「経営者≒クリエイターであること」となります。 *経営者が良きクリエイターになること。 *クリエイターが良き経営者になること。 出発点は異なりますが、同じゴールを目指すことになると思います。 やがて経営力の強化は全てのクリエイター(デザイナー)が対象になると思っています。 以上はかつてのデザイナーブランド(DCブーム)終演後の惨劇からの教訓でもあります。 (私は終演後の時代しか体験していませんが・・・) 財務諸表に対するテクニカルな運用技術は体系的に学べます。しかし 経営力の中でも重要な部分は創造力であると理解しています。 新しい価値を産み出す基となるのが 「知的好奇心→観察力→論理的思考力→構造化力→仮説構築力」のループだとすると、 そこにプラス 1.スペシャリティ(専門知識) 2.コミュニケーション(聞く力) が加わることになると思います。 1.「スペシャリティ」 私の立場でのスペシャリティとは、主にデジタル領域と理数系の専門性についてです。 おそらく商品の企画開発フロー自体がデジタル化するでしょうから、 例えは私の場合、 データを取り扱う力(データサイエンス力)、デジタルマーケティング力を強化しています。 従来のファッションデザインの領域だけで

秋カラーは、赤~ピンク【拡大】

[メンズ]原宿トレンドチェック 期間:2017年10月6・7日(第40週) 気温:18度・曇り 20度・曇り 母集団N: 201人 標本数(n):14人 出現率:7.0% 17年秋のトレンドカラーは何色でしょう? 今回は暖色系とりわけ赤~ピンクに注目してみます。 色味を見ると、オレンジがかったレッド、ダスティピンク、ワインレッドが新鮮です。 ダスティカラーについては16年冬の継続であり、かつ18年春夏レディスのコレクショントレンドでもありますね。 ここではさらに来シーズンの18年秋冬カラーを考えたとき、 メンズにおいては上記にプラスして 何かに置き換わる色が出て来ると考えますが、 私からは「アーシーカラー」「ダークカラー」を提案します。 話題: 【定点観測を続ける理由】 iotだaiだ等、社会のデジタル化が進む中、なんで定点観測? と問われる方がいらっしゃるかもしれません。 定点観測を続ける理由は「社会はデジタル化するから」です。 わずか4-5年前からではありますがiotに関する技術革新の動向を眺め、2020年のデジタル社会を私なりに予測し、 自身のスキルセットをリニューアルし、アップデートし続けてきました。 もっと簡単に言うと私なりの差別化策です。 今の仕事に対しても様々な役割を果たす機能を持っています。 1.リサーチャーとしての役割、デザイナーとしての役割、 2.ディレクターとしての役割、3.プロデューサーとしての役割。 それぞれ新しい価値を提案する創造力が無いと排除される職業だと思っています。 1.いま求められている価値は何か?を探すため。

定点観測について

デザイナー3年目の 1996年に上京し、間もなく渋谷で定点観測を始めました。 そして21年、 仕事の領域はプロデューサー業にまで広がりました。 情報量は年々増大し、情報コストは限りなくゼロ円に近づいて来ると理解しています。 しかし私は定点観測を辞めることは無いでしょう。 何故か? 定点観測は儲かるのでしょうか、答えはNOです。 そもそもお金の為に定点観測をしているのでは有りません。 「どの様にマネタイズしてるの?」と聞かれることがあります。 自分では超シンプルだと思っていて、"求められた結果を出すこと"でお金に変換しています。 顧客から求められる結果があって、その原因にあたる部分が定点観測です。 因果系列で結果を導いて行きます。 従って私の行う定点観測は、少々執拗で過剰で深掘りが大好きです。 事務所は神宮前交差点付近に移り、思い立ったら1分で定点観測が実行出来るようにしました。 結果が出なかったら私のリスク。 結果が出たらしっかり儲けさせて頂きます。 ただそれだけです。 #TOPIC

ショートトップス 【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2017年10月6・7日(第40週) 気温:18度・曇り 20度・曇り 母集団N: 97人 標本数(n):10人 出現率 10.3% SNS:投稿数384件 夏のへそ出しトップスの流れを受けて、秋もベリーショートのトップスが出現しています。 ボリューミーなシルエットに短い着丈、鮮やかなピンクや赤など色で魅せるデザイン、 大胆な切り替え、モールやフェザーニット等ファンシーな素材感で魅せるデザインなど多種多様であります。 シルエットコーディネートは ボトムにレギンスやスリムフィットパンツを合わせるフィット&ボリューミーが新鮮。 現在ヤング中心にみられ、ワイド・ビッグパンツの対極にあります。 話題: 「変化を求める理由」 今さら感のあるタイトルだなと思う方も多いと思いますが、改めて少し考えてみたいと思います。 ある伸びている会社がありました。ところが今秋に売上が計画を下回りました。急遽進行中の次シーズン のMDを全て中止。社長よりやり直しを命じられました。現場はハチの巣を突いた様な状態です。 売上不振の原因を2つ提示されました。 1、既存客の購買金額が減少していた 2、新規の購買客数が計画より少なかった 商品部に対して提示された不振の理由。 1、商品に変わり映えが無い(よって既存客の購買が減少した) 2、商品に魅力が無い≒顧客の要望をキャッチできていない(よって新規客を獲得できなかった) つっこみ所満載の情報ではありますが、 問題は、商品部がこの後の行動をどう誘導するのか?です。 社長が変革を求める理由は

英国調チェック【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2017年10月6・7日(第40週) 気温:18度・曇り 20度・曇り 母集団N: 97人 標本数(n):17人 出現率 17.5% SNS:#チェック 投稿217,500件 今秋は英国調チェックがトレンドですが、 英国調とは言え、その種類は様々あるはずだということで、 現状をざっと確認してみました。 「シャドー」5 「ウインドーペン」4 「グンレンチェック」3 「タータン」2 「バーバリー」1 「千鳥」1 「ガンクラブ」1 (対象:ボトム、アウター。シャツ、ブラウス、グッズは除外) 以上合計 17点 グラフにしてみるとこんな感じ。 この柄・この配色がトレンドです・・といったような特定をしにくいのが今の世です。 従って”英国調チェック”や”マスキュリンチェック”というキーワードになるのだろうと思います。 でも、もっと深掘りx視点をずらす で新たな発見があるはずだと信じています。 #レディスカラー

ふくらはぎ丈のプリーツスカート 【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2017年10月6・7日(第40週) 気温:18度・曇り 20度・曇り 母集団N: 97人 標本数(n):15人 SNS: #プリーツスカート 投稿43,158件 ふくらはぎ丈のプリーツスカートに注目します。 素材感がポイントで、合繊のベロアっぽい光沢感のあるタイプが今風ですね。 深い光沢のダークグリーンやグレイッシュカラーで大人っぽくてエレガント。 コンサバエレガンスなスタイルというよりも、 ブラウスを合わせたレトロガール風、トレーナーを合わせたトラッドガール風が目を惹きました。 コーディネートされる小物雑貨を見ると、ベレー帽、ドレスシューズ、ローファー。 パールネックレス等、首まわりの装飾も浮上しているようです。 #レディススカート

ライダーズジャケット 【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2017年10月6・7日(第40週) 気温:18度・曇り 20度・曇り 母集団N: 97人 標本数(n):15人 出現率 15.5% SNS:#ライダースジャケット 投稿33,627件 10/4(水)から10/7(土)にかけて気温20度前後の日が続いた今週は、 秋のトレンドをダイジェストでチェックするのに好都合でした。 レディスでは 多くのメディアでも取り上げられているとおり、 ライダーズジャケットが昨年に引き続き人気です。 マストレンドの英国調テーマにライダーズジャケットを羽織る着こなしがリアル。 また、袖を通さずにジャケットを肩に羽織る着こなし方継続してます。 ライダーズ着用者のうち、36.4%(4/11)が肩に羽織っていました。 そしてこの現象はライダーズジャケットに限りません。 ライダーズジャケットがファッションテイスト、年齢の垣根を越えた着用者層である点は、 2014-2015年頃のMA-1ブームに共通しています。 ただし当時の出現率は10人中5-6人がMA-1を着用しているという異常値でしたが。。。 #レディスジャケット

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round