年末年始のお知らせ

休暇期間:2018年12月28日(金)~2019年1月4日(金) 営業:2019年1月7日(月) 本年はお世話になりました。 2019年もどうぞよろしくお願いいたします。 2018年12月 記 小山 隆

ダウンジャケット【拡大】

[男女]原宿トレンドチェック 期間:2018年12月08日(第49週) 気温:12度晴れ 母集団N:100人(48+52) 標本数(n):12人 出現率:12.0% SNS:#ダウンジャケット投稿 65,963件 #ダウンコート投稿 37,183件 #ショートダウン投稿 1,840件 今シーズンの冬コートはダウンジャケットの復活が分かりやすいと思います。 男女ともに、ビッグトレンドに影響を受けた、 ボリューミーなシルエットであることが特徴です。 スタイルの傾向としては90年代の、少し水っぽさが追加されている点見逃せません。 上記は変化の前触れであると捉えています。 ダウンジャケットに焦点を戻すと、 キルティングステッチが入ったタイプの増加に気が付きます。 (昨年までは、表ステッチなしタイプがトレンドでした) 20代についてはショート丈の登場が新鮮。 30代以上ではハーフ~ふくらはぎ丈が主流を占めていました。 インスタグラムの投稿数で比率を見ると以下のとおり。 #ダウンジャケット投稿 65,963件 #ダウンコート投稿 37,183件 #ショートダウン投稿 1,840件 ちなみに、 #チェスターコート投稿 84,999件 の投稿写真 と比較してみると、 ダウンジャケットの熱量はけっこうあるかもね・・と思います。 #レディスジャケット #メンズジャケット #ストリートリサーチ

90s風ショートジャケット【拡大】

[男女]原宿トレンドチェック 期間:2018年12月08日(第49週) 気温:12度晴れ 母集団N:100人(48+52) 標本数(n):8人 出現率:8.0% SNS:#ショートジャケット投稿1,474件 #ショートブルゾン投稿503件 #ショートダウン投稿1,840件 #ショートコート投稿4,177件 90年代シルエットのショートブルゾンやショートジャケットの登場に注目しています。 とくに写真上段にみられ多少の水っぽさと、ボリューミーなシルエット、丸い肩、太い袖が特徴で、 今シーズンはさらにデザイン化が見られます。 まだ一部分的現象なのですが、今後拡大する可能性は十分にあると思います。 デザイン面に少し触れると、 ファーの素材使いは昨年の継続ですが、 ミリタリーの復活とラスティック(民族調)の登場に注目しています。 #レディスジャケット #メンズジャケット #ストリートリサーチ

キルティングジャケット・中綿ジャケット【登場】

[男女]原宿トレンドチェック 期間:2018年12月08日(第49週) 気温:12度晴れ 母集団N:100人(48+52) 標本数(n):4人 出現率:4.0% SNS:#キルティングジャケット投稿7,315件 #キルティングコート投稿5,501件 #キルティングブルゾン投稿646件 #中綿ジャケット投稿1,605件 #中綿ブルゾン投稿1,144件 #中綿コート投稿910件 今年はダウンジャケット大復活の年になりそうですが、 同時にキルティングジャケットや中綿ジャケットにも注目しています。 中綿ジャケットについて、 昨年はイノベーター層(市場全体の2.5%)にあったものですが、 今年はアーリーアダプタ層(市場全体の13.5%)の範囲に入ってきました。 その延長上にキルティングジャケットがあると理解しておりまして、 他のアウター同様にビッグシルエット化、カラー化、デザイン化(意匠化)が見られます。 さらにこの件とは別に、 ミリタリーテーマが復活の気配を見せていますが、 今後キルティングジャケット・中綿ジャケットの行方を占う上で、 効いてくる要素だと思っています。 #メンズアウター #レディスアウター #ストリートリサーチ

カラーコート・カラーアウター【登場】

[男女]原宿トレンドチェック 期間:2018年12月08日(第49週) 気温:12度晴れ 母集団N:100人(48+52) 標本数(n):9人 出現率:9.0% SNS:#カラーコート投稿1,948件 #カラーアウター投稿129件 カラー化トレンドの波はコートやジャケット、アウターにも押し寄せており、 2019年秋冬に最大化するとイメージしています。 今回注目するアイテムは、 ロングチェスター、ライダーズジャケット、キルティングジャケット、ダウンジャケット。 とくにチェスターやバルカラーコートは数シーズン継続しているアイテムで、 リニューアルの手段を1.シルエット、2.カラー、3.ディティールの3つに分けるとすると、 2番目の手法が支持され始めている・・と推測できるのかもしれません。 カラー化について少し振り替えってみると、 2017年(昨年)に各社からカラーコート・カラーアウターが仕掛けられていたと思います。 自社の販売動向と市場の動向とは必ずしも一致するものではありませんが、 仕掛け方のタイミングは粗利益に影響するので気になる所ですね。 もうひとつ追記しておくと、 当テーマはカラーに集約していますが、 その前にシルエット、素材が売れ行きを左右する重要な要因であることは 共通認識であるとしておきます。 #レディスコート #メンズジャケット #ストリートリサーチ

オーバーサイズコート【拡大】

[男女]原宿トレンドチェック 期間:2018年12月08日(第49週) 気温:12度晴れ 母集団N:100人(48+52) 標本数(n):10人 出現率:10.0% SNS:#オーバーサイズコート投稿1,607件 #オーバーサイズ投稿84,900件 今シーズンはコートのビッグシルエット化が顕著になりました。 バルカラーコート、チェスターコート、トレンチコート・・などが 大雑把にいうと昨年より1~2サイズ程度大きくなったイメージです。 ディティール面を列挙すると、 ・ブラウン系が増加したこと ・チェック柄がマストレンドにまで普及したこと ・チェックは大柄化していること ・ドロップショルダー具合が増していることなど、 昨年のブリテッシュトラッドテーマからの変化ポイントであります。 #レディスコート #メンズコート #ストリートリサーチ

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round