ワークジャケット【登場】

[レディス・メンズ]原宿トレンドチェック 期間:2019年02月20日(第8週) 気温:18度 晴れ 母集団N:119人(男71+女48) 標本数(n):5人 出現率:4.2% SNS:#ワークジャケット投稿6,815件 #ワーク投稿38,275件 ビンテージワークなカジュアルスタイルは、 先シーズンも少し確認できた時期があったのですが、 ごく小さなものであったと記憶しています。 今シーズンはファッション層を中心に、 ベージュ・カーキなどナチュラルカラーや、 バギーなチノパンツの広がりが印象的ですが、 今回はとくにワークジャケットの出現に注目します。 インスタグラムで「ワーク」というキーワードの投稿数を 昨対で調べてみると約147%の増加でした。 2018年4月02日 投稿数 26,018件  2019年2月20日 投稿数 38,275件 また直近3か月間の伸び率を見ると、 平均約104%増。 2018年12月 104.3%  2019年 1月 103.1%  2019年 2月 104.0% 地味ですね。 トレンドと解釈して良いものか疑わしい。。 でも、上記は観測数の大小を取り上げているだけで、 新規性に関しては取り扱っていません。 まとめると、 リアル上では新規性を観測したが、 SNS上で計測すると平熱だった。 そのような状況の中で、 自社にとって「ワークジャケット」とは・・・ というスタンスで考えてみると良いかもしれません。 #レディスジャケット #メンズジャケット #ストリートリサーチ

春のトレンチコート【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2019年02月19日(第7週) 気温:12度 晴れ 母集団N:118人(49+59) 標本数(n):6人 出現率:5.1% SNS:#トレンチコート投稿159,537件 日中の最高気温が12度前後を行き来する日が続くころ、 春の装いがちらほらと見られるようになりました。 今回はトレンチコートに焦点を当ててみます。 おおざっぱに今年の傾向をまとめると、 1.ビッグシルエット化 2.デザイン化(意匠化) が確認でき、これが昨年との違いでもあります。 ディティール面でみると、 1.ミリタリーカラー浮上  2.着丈がさらに長くなった 3.軽量仕様は継続 となります。 ちなみにインスタグラムで「トレンチコート」投稿数を昨対で見ると以下のとおり。 2018年1月26日  99,254件 2019年1月18日 152,608件 2019年2月19日 159,537件 約153%の増加でした。 投稿数=ある物事に対する熱量 と換算すると、 トレンチコートに対する見方が変わってきますね。 #レディスコート #ストリートリサーチ

ダウンジャケット【横ばい】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2019年01月18日(第3週) 気温:10度 晴れ 母集団N:92人 標本数(n):12人 出現率:13.0% SNS:#ダウンジャケット投稿数78,856件 ダウンジャケットの復活について、 前回は2018年12月08日(第49週)のレポートで、出現率は男女合わせて12.0%でした。 今回はレディスのみの計測ですが出現率は13.0%。 横ばい状態であると理解します。 当調査はフィルタリングされての13.0%ですから、街での実感は「結構いるね」となります。 以下、チェックポイントを列記します。 1.ショート丈&ビッグシルエットのダウンジャケットを抜き衿気味に着ています。 2.カラーはブラック中心、カラーも見られます。 3.メンズではハイネックが今っぽく見えますが、レディスでは 「大きめのフード付き」が増えてきた印象を受けます。 4.ワタの分量はボリューミーで、風船のように膨れた感じが新鮮に映ります。 5.来年も上記の傾向は継続するんだと思います。 #レディスコート #ストリートリサーチ

ファーコート【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2019年01月18日(第3週) 気温:10度 晴れ 母集団N:92人 標本数(n):14人 出現率:15.2% SNS:#ファーコート投稿数58,786件 ファーコートの出現率が昨対で拡大を続けています。 今回はデータのとり方・解釈の仕方をすこし書いてみます。 少しマニアックかもしれませんので、そんなこともやっているのか・・程度に流してください。 【データと解釈】 #ファーコートに関して過去のデータを現在と比較すると以下のとおり。 出現率は増大、投稿数も拡大。 年度   月度  出現率  投稿数 2017年  2月  13.8%  42,073件 2019年  1月  15.2%  58,786件 前年対比     +1.4%  +16,713件 出現率=トレンド状況(着用結果) 投稿数=該当ワードに対する熱量(拡散行動)と換算すると、 #ファーコート 「好調」の結果はSNS上の行動に裏付けられている と解釈します。 「今後」については前後の連続データから読み取ることになります。 もうひとつ事例を取り上げてみます。 #カラーファーに関して過去の数字を現在と比較すると以下のとおり。 出現率は落ち、投稿数は横ばい。 年度  月度  出現率 投稿数 2018年  1月  11.8% 1,280件  2019年  1月   3.3% 1,573件 前年対比    -8.0%  +293件 出現率=トレンド状況(着用結果) 投稿数=該当ワードに対する熱量(拡散行動)と換算すると、 #カラーファー 「不調」

バブリーズ【登場】

[レディス・メンズ]原宿トレンドチェック 期間:2019年01月18日(第3週) 気温:10度 晴れ 母集団N:198人(106+92) 標本数(n):9人 出現率:4.7% SNS:#バブル投稿35,688件 #バブリー投稿39,956件 バブル時代(90年代初頭まで)を彷彿させるファッショントレンドが拡大しています。 昨年頭頃はお笑いで扱われており、トレンド浮上が疑問視されていたことを思い出します。 今回、浮上の兆しが感じられてはいますが、 個人の影響力は年々増大しており、いつでも”インフルエンサーがファッショントレンドを殺す” ことができるような時代になるかもしれません。 さて今回のテーマは”バブリーズ”です。 定義は90年代の好経済下で出現した 浮かれた豪華主義、高級装飾趣向とそのファッションを支持する者とします。 上記のエッセンスが感じられたコーディネートを数えてみると、 4.7%、10人中約0.5人がバブリーズでした。 とても少ないですね。 来年はもう少し拡大すると思っています。 #レディスコート #ストリートリサーチ

ファー付きアウター【拡大】

[レディス・メンズ]原宿トレンドチェック 期間:2019年01月18日(第3週) 気温:10度 晴れ 母集団N:198人(106+92) 標本数(n):13人(男5女8) 出現率:6.6% SNS:#ファー投稿413,181件 ディティールトレンド「ファー付き」に注目します。 全体としてファーアイテム人気が継続している中、 その中身に変化が発生していて「ファー付き」ディティールは拡大傾向にあるという図式です。 (ちなみにダウントレンドに転じたのは「カラーファー」です。 ファーコートでは茶系と黒が増大し、パステルや色ものが減少しています。) さてファー付きアウターは、 90年代を背景としたゴージャス・豪華ディティールの波が 体現されたものと理解しています。 今回の出現率は6.6%。 男女共通の傾向です。 #レディスコート #ストリートリサーチ

ダウンコート【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2019年01月18日(第3週) 気温:10度 晴れ 母集団N:92人 標本数(n):8人 出現率:8.7% SNS:#ダウンジャケット投稿78,856件 #ダウンコート投稿41,885件 今シーズンのヤング層は90年代調ショート丈のダウンジャケットがトレンドですが、 12月頃からダウンコートが登場しています。 丈はもも~ひざくらい。 メンズではショート丈&ビッグシルエットなダウンジャケットがトレンドの中心で、 まだコート丈タイプは希少な存在であります。 話が逸れますが、 最近はメンズアダルト層もリサーチしているのですが、 ヤング層とは真逆のトレンド状況にある点が面白く、興味深く思います。 話元に戻って、 発信力を考えた時、さいきん最も重要に思うのは、 デザインの基となるトレンドのテーマ性やファッションの時代背景について深堀りすることです。 簡単に言うと、 90年代ファッションを背負ってどんなテーマを誰に投げかけるのか? その結果どの様な価値を幾らで提供できるのか? などをトータルでデザインすることです。 出てくる答えは服では無いかもしれませんが、、 それでもいいと思います。 何でもどんどん試しているうちに、その先が見えてくる気がするんです。 #レディスコート #ストリートリサーチ

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round