アイボリー、オフベージュ【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 撮影日:2019年11月 第45週 気温:16.5度 晴れ 母数:79人(48-31) 標本数(n):15人 出現率:19% SNS:#アイボリーコーデ 投稿881件 #ニュートラルカラー 投稿1,341件 ニュートラルカラーの秋版は、アイボリーとオフベージュがトレンドで11月に入って急拡大しています。 前述のカラーはボトムスとセーターがとくに新しく見え、 スタイリング別にみると、70S'、80S'、90S'と、3つの年代が混在しているという、 カオスなトレンド状況となっています。 着こなし例: 70年代調:アイボリーのフリンジニットと裾にスリットが入ったフレアーパンツのコーディネート。 80年代調:ハイウエスト&スリムシルエットのアイボリーのデニムパンツにタイトニットのコーディネート。 90年代調:厚手のオーバーシャツを抜き衿&ウエストマーク。そしてハイブランドのショルダーバッグ合わせ。 トレンド群はますます小粒になっていますね。 #ストリートリサーチ #レディスカラー

スモーキーカラー【微増】

[レディス]原宿トレンドチェック 撮影日:2019年11月 第45週 気温:16.5度 晴れ 母数:79人 標本数(n):5人 出現率:6.3% 2019年春夏トレンドであった「ニュートラルカラー」は、秋版が出現し、人気継続中のようです。 彩度の低いベージュ・アイボリー、中間的なブラウン・カーキが中心でありますが、 2020年春夏以降は、この延長上に「スモーキーカラー」が入ってくるように思います。 例えば写真左端が現在のカラー。 その右側がその次に来るカラー。 出現率は6.3%なので、まだ拡大の余地はあると思っています。 来春にデザイン回帰式を使って需要を予測し、広告テストしてみようと思います。 #レディスカラー #ストリートリサーチ

ウエストマーク【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 撮影日:2019年10月 第42-43週 気温:20度 曇り 母数:144人 標本数(n):11人 出現率:7.6% ベルト付きディティール、またはオーバーベルトでウエストにアクセントを持たせた着こなし方が拡大しています。 対象アイテムは、「オーバーベルト」の着こなしは、ワンピース、オーバーシャツ。 いっぽう「ベルト付きディティール」はジャケット、シャツジャケット。という2択に分けてしまうとイメージし易くなると思います。(お洒落な人・お洒落に自信のある人は例外です) 今シーズンの新しい流行であるのがシャツジャケットで、もう少し掘り下げてみると以下の通り。 全体感としては分量感のあるややシャツっぽい軽さを備えたオーバーサイズジャケットにウエストベルトが付いたイメージ。 素材はスエード、色はベージュ、ブラウン、マスタードを確認。 2020夏のサファリトレンドに繋がる一歩になる気がしています。 #レディスジャケット #レディストップス #ストリートリサーチ

ブランドバッグ・コーディネート【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 撮影日:2019年10月 第43週 気温:20度 曇り 母数:65人 標本数(n):6人 出現率:9.2% ルイビトンやシャネル、グッチ、バレンシアガなど、高級ブランドの小物を取り入れたコーディネートが拡大しています。 昨年はブランドスニーカー、ブランドキャップ、ブランドTシャツが多かったと記憶しているのですが、最近ではブランドバッグの拡大に注目しています。 意匠面の特徴は、ブランドロゴがあしらわれていたり、ブランドマークのモノグラムだったりと、分かり易いデザインである点が90年代背景(バブリーエッセンス)だなと思います。 少し話がずれますが、 もしかして月額6,800円で高級バッグがレンタルできるサブスクリプションサービス「ラクサス」効果もあるのでしょうか? ふと思いました。 現在の会員数が32万人とのことで、 20代-30代中心に約1200万人が対象とすると、 全国で約2.5%をカバーしているという・・・ そう思うと、原宿の出現率 9.2%も妥当な数字のような気がしてきました。 いずれにしても、時代の要請と商売の方向性が合致しているということでしょう。 #レディスグッズ #ストリートリサーチ

ニットベスト【出現】

[レディス・メンズ]原宿トレンドチェック 撮影日:2019年10月 第43週 気温:20度 曇り 母数:148人 標本数(n):9人 出現率:6.0% 今秋から男女ともにニットベストが出現しています。 体を包み込むようなビッグシルエットである点が特徴的で、 デザインは出現当初から多様であります。 従来、新トレンドの出現時には、ある程度のまとまり(共通項)があるものですが、 最近の傾向として「大きく見ると纏まっているが、近づいて見ると個別多様である」 といった現象が多くみられるようになったと感じます。 話が変わりますが、そういえば 90年代のヒップホップブームの際に、ニットベストの流行があったことを思い出します。 対象者が現在とは異なりますが、 ビッグシルエットの無地やライン入りの綿セーター、ライン入りの綿ベストで、 ラルフローレンが大人気でした。 そして 女子高校生の間でルーズニット、ルーズソックスが一世風靡しましたっけね。 1996-97年ころの話です。 #ストリートリサーチ #メンズニット

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round