【アパレル実態調査】2020冬 防寒着トレンド コート編

[レディス]原宿トレンドチェック 撮影日:2020年01月19日(第3週) 気温:9度 晴れ 母数:202人 標本数(n):110人 出現率:54.5% ◆現況: 今シーズンの商戦は全体的に苦戦が続き、特にアウターの販売不振が深刻ですね。。 エンドユーザーはどういう状況になっているのか? 気になります。 「企業とエンドユーザーとの間にはギャップがある」と仮定して当レポートを作成してみました。 ◆使用目的: コート・アウタートレンドの着用実態と自社製品の販売実績を照合する ◆分類方法: 先ずはコートやアウターなどアイテム別に分けて全体の構成を数値で把握。 その後各アイテムのカラー、素材、デザインなどを掘ってゆきます。 データはタグ付けしておくことで分析の幅が広がります。 ◆今回のテーマ: 「コート」 出現率第1位は「コート」54.5%。 そのうち、「ウール系」が83.6%と圧倒していました。 今シーズンの「ウール系」は、2つのトレンドがありました。 1つが「色」ものの増加、もう1つが「柄」ものの増加です。 定番カラーとされていたネイビーやブラックの出現率は2つ合せても13.0%。 ベージュに関しては4.3%でした。。。。従来の数量バランスでは売上を伸ばすのは難しかったかもしれません。 カラーの上位3つは以下のとおり。 1位「色もの」25.0% 2位「柄もの」19.6% 3位「オフ白、オフベージュ」17.4% 「色もの」の内訳と順位は、 オレンジ→ピンク系・グリーン系→ラベンダー系・ブルー系→イエロー系→その他の順番です。 「柄もの」に関して

プロダクトマーケットフィット

スタートアップ企業がかかすことの出来ないプロダクト・マーケット・フィット(PMF)。 社会の課題と解決手段を携え新しい未来を描き、社内外の人々の反応を確認しながら 商品・サービスを形にして行くのですが、いま自分たちが行ってい本当に正しいのか? 最後の審判を下すのはエンドユーザーですが、売れる売れないを決める要因は複数ありますよね。 そこを少しでも多く知っておかねば、大変なことになる。。 我々の未来像はもしかすると、思い込みではないか?を検証し、ズレがあったら変えなければならない。 プロダクトマーケットフィットは、そのために行うものだと理解しています。 今回、2つの訴求アイデアに対してテストしてみました。 複数のペルソナに対して、それぞれ訴求の仕方、キャッチコピーや写真を変えて、どの伝え方が想定する顧客の心に刺さるのか?をデータで検証してみました。 訴求 1          訴求 2 1.心に刺さった要素 2.刺さらなかった要素 3.価格のテストも行ないました。 結論は、「これではいかん!」 自分的には衝撃的な結果となりましたが、修正すべきポイントがはっきりした事は本当に良かった。 最大の効果を、効率的に、後で検証可能な状態にして知れた事は大きな意味があります。 後々マネジメントに大きく効いてくることでしょう。 #TOPIC

持続可能な消費と生産【1、社会の要請】

NHKスペシャル2020巻頭言「10years after 未来への分岐点」によると、 “これからの10年が人類の未来を決める” いま、世界の多くの研究者が口をそろえる 地球温暖化、水不足、そして進化し続けるテクノロジーなど、 人類が抱える難題に、これからの10年どう向き合っていくか。 それが私たちにとって、“分岐点”になるという。 身近な部分でみると、 アパレル商売の抱える在庫や売れ残り品の処分問題の解消は、 社会からの要請でもあるということでしょう。 「持続可能な消費と生産」を掲げたとき、 私たちは(私は)、何をしなければならないのか? 私たちに(私に)、何ができるのか? 2020年、実行の年が来ました。 本年も引き続き情報発信してゆきますので、皆様よろしくお願い致します。 写真「CRASH TOYS」 #未来への分岐点 #10年後の未来 #TOPIC

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round