デザイン思考(Design Thinking)とは、
デザイナーの感性と手法を用いて、ユーザーのニーズと技術的な実現性、ビジネスとしての持続性を確保するための戦略を整合させていく事で、顧客価値をマーケット機会に変容させていく手法である。

(IDEO CEO Tim Brown 引用)

当社ワークフロー

1.【共感する】

ファッションエリアの定点観測。
実在するユーザー観察から新しい気づき(=インサイト)を獲得するために、
フィールドワークや参与観察によって、自分の五感を使い微細な変化を感じ取ります。

2.【発見する】

ファッションリーダー分析。
定点観察を通じて明らかになったユーザーの実態を独自ツールを使って分析しています。流行(トレンド)のストーリーや背景にある価値観の推移を考察することが重要となります。

3.【アイデアを創出する】

デザインディレクション。

絞り込まれた課題や目的、目指すべき方向性、定義されたコンセプトを実現するためのアイデアをできだけ多く考え出してゆきます。

4.【視覚化する】

試作品の製作。

バーチャルサンプル(専用CGによる仮想の試作品)などを利用することで、
デジタル技術を使って極力コストをかけず、スピーディに、ラフなプロトタイプを多数作成します。試売などバーチャルサンプルを効率的に活用することで、新たな仮説が生まれます。

5.【検証する】

ディスカッションで得られたデータをデザインにフィードバックし商品化​します。

販売結果を検証したうえでデザインの構築方法を見直すと共に、

1.のフェーズに戻ってユーザーの変化に応じ前提に修正を加えてゆきます。

ストリートリサーチ 定点観測によるデータ収集・トレンド分析 x 未来の商品開発

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo
​東京都目黒区上目黒3-6-23
  • facebook
  • Twitter Round