• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

スエット【拡大】 2015/10/28


[メンズ・レディス]東京・トレンドチェック 期間:2015年10月24日(土) 気温:22度 晴れ 15:00~16:00 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母数(N):108人 標本数(n):13人

(・∀・)ノ゛ プルオーバートレンドが続いています。 レディスでは特にシルエット変化が顕著で、ボクシー&ショートに70sテーマに沿った進化が見られ、一方では身体を包み込む様なリラックス・ビッグシルエットが継続しています。 メンズにおいても大きく見れば同様の流れがありますが、もっと外観には分かりにくい形でシルエットが変化しております。 たとえば、 クルーネックプルオーバーの衿幅を例に取ってみます。 2014年(実績)-2015年(実績)-2016年(予測)の数値は、2.8cm - 3.0cm - 3.2cm となります。 2mmづつの進化が売上(結果y)を左右する変数xで、ここを押さえておかねばお客様の共感の輪からはずされ、知らぬ間に衰退の道を歩くことになるのだと思います。 ここでいう変数は、≒変化です。継続して眺め続ける事で見えてくる小さな変化です。 そして変数はいくつもあり、こまめなチューニングが必要なんだと思います。 スエットの変数: シルエット変化→ボクシー(ドロップショルダー) 衿型変化→ボトルネック、ハイネック、パーカー カラー変化→ダークカラー(グリーン、Dブルー)

#メンズトップス

4回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round