• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

ニットルック【登場】 2015/10/27


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年10月24日(土) 気温:22度 晴れ 15:00~16:00 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母数(N):70人 標本数(n):10人

(・∀・)ノ゛ ニットの1枚着に注目。 今シーズンはハイゲージが無く、いきなりミドル~ローゲージが登場しています。気温の影響では無く素材トレンドによるものです。 昨シーズンもローゲージニットがトレンドでした。今シーズンの進化ポイントは”シルエット変化”と”衿型変化”であります。 ドロップショルダーになる「ボクシーシルエット」、クルーとハイネックの中間くらいの「ボトルネック」が新しく、1枚着に向いています。 また「タートルネック」はもう少し一般層向けの新鮮ディティールとして期待できます。 ”ニットの1枚着”は、 メンズファッション層 70人に対して10人、14%存在していました。 (ファッション層=初期採用者13.5%+前期追随者34%の合算) 来年に繋がるキーワード: 1.ダークカラー(特にグリーン、ブラウン) 2.ローゲージプルオーバーの拡大 3.ホワイトニット(ローゲージ) 5.ボクシーシルエット(ドロップショルダー) 6.衿型変化・・・ボトルネック、ボタン明きタートル 7.エスニック柄(ダークカラーボーダー、幾何) 8.ファンシーニットの拡大(ブークレ等)

#メンズニット

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round