• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

ヨーロピアンカジュアル【拡大】2015/11/03


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年10月31日(土) 気温:15度 曇り 14:00~15:30 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母数(N):128人 標本数(n):25人

日本人のファッション根底にはAC(アメリカンカジュアル)があり、トレンドとしても長らく主役の座を張っております。 今回はスタイル変化に対する考察です。 歴史を振り返ると、ACに対してEC(ヨーロピアンカジュアル)が存在しており、今シーズン、ECテイストを感じさせるルックが増えたような気がします。 またEC(ヨーロピアンカジュアル)には2種類あって、 現在は「フレンチカジュアル(FC)」が対象となります。 ACとEC間には明快な区分けが無いのですが、 ACがドレスアップとすると、ECはドレスダウンが基本。 エレガント(ドレス)な要素を必ず併せ持っていることが条件です。 写真: 1.タイトめ&リジットな黑Gジャン+ブラックスリムパンツ。 2.リジットデニムときれいめワッフルボーダーニット。 3.シンプルな白黒ルックの中に1点、明るい色のショートジャケットを取り入れる。 4.シンプルな黒ルックの中に1点、明るい色のゆったりニットを取り入れる。 5.黑ジャケットに無地のタートルインナー。 6.ロックなブラックルック。ビッグ&タイトの新鮮フォルム。 7.シングルライダーズに白無地のタートルインナー細見ルック。 8.白シャツを取り入れたモノトーンカジュアル。 上記の中でFC (フレンチカジュアル)についてエッセンスを抽出すると以下のとおり。 シルエット:フィット&リラックス。 アイテム:細身のステンカラーコート、Gジャン、テーラードタイプジャケット、ショートジャケット、シングルのライダース、白シャツ、細かい柄のシャツ、ハイネック、タートルネックのインナー。 用語: AC (アメリカンカジュアル) EC (ヨーロピアンカジュアル) FC (フレンチカジュアル)

#メンズスタイル

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round