• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

バックプリント・バック刺繍アウター【登場】 2015/11/10


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年10月31日(土) 気温:15度 曇り 14:00~15:30 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母数(N):128人 標本数(n):10/78人

背中にデザインアクセントを置くというディティールトレンドをキャッチ。 まだ小さな芽ですが差別化要素としてメモしておきます。 ベーシックトレンドに対するアクセントの役割がありそうです。ポイントで取り入れると効果的かもしれません。 ジャケットを肩にひっかける着こなしがトレンドですが、 バックプリント・バック刺繍を加えて抽象化すると「背・背中変化」となり、ここからさらなるデザインの幅が広がりそうな気がします。 モノ軸で見るとまた異なった見解となり、 バック刺繍の対象アイテムは、ブルゾンタイプとコーチジャケットタイプの2つ。 衿なしやロング着丈など、ベーシックな形をディティールでリニューアルする傾向と、シルエットのビッグ化で変化を出す傾向があります。 今回は前者の中で新しい傾向をキャッチしたもので、今後が期待できるものと考えています。 バック刺繍の原点はどこにあるのか? 1.「シノワズリー」スカジャン、ベトジャンン。 2.「アイビー・スポーツ」コーチジャケット。 2方向から、ストリートスタイルへと落とし込まれるイメージ。 この日、ファッション層でアウターを着用していた78名中、10名が「バックプリント・バック刺繍アウター」を着用していました。比率にすると約13%。 さらに「ブルゾン、アウター」に絞って見ると26%に上ります。

#メンズアウター

2回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round