• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

タートルネックニット【拡大】 2015/12/07


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):13/48人

ネック形状の変化がすべてのアイテムで起こっています(シャツ、トップス、アウター、コート)。秋口はカットソーアイテムでハイネック・タートルを着用する姿が一部のファッション層で確認できました。 11月に入って気温の低下とともにニットの着用率が上昇し、 インナータートルがある程度のまとまりとして確認できる様になりましたので定量的に押さえておきます。 この日のニットアイテムにおけるタートルネックの比率は27%でした。約3割ですから数値だけで見ても「拡大」のフェーズに入っていることが分かります。 ファッション偏差値は急激に50の平均に接近しており、形状だけでみると今シーズン一般化すると思います。 デザインは判別しにくいのですが、ミドル~ロゲージの無地が中心でベーシクカラー。オフホワイトが今年っぽさの主流でカラーニットはごく小数。 コーディネートアイテムはコートが60%でした。 コートについてはビッグシルエット化タイプとの相性が良いと思いますので、そこに合わせてタートルネックニットの"次の1手"を考えてみるのも良さそうです。

#メンズニット

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round