• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

M-65タイプのデザイン化【登場】2015/12/11


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):3/24人

2015年秋の最大風速は「ミリタリー」テーマに軍配が上がると感じています。

今シーズン、M-65型のフィールドジャケットはMA-1に代わる提案アイテムとしての役割を持っており、それなりの結果を出していた様に思います。

M-65型は季節アイテムということもあり今回の観察が2015年の最終メモとなりそうです。

全てのアイテムで”デザイン化”が見られるなか、 M-65型も例外ではありません。

今シーズン(秋)の登場アイテムでありながら、シーズン末にはデザイン化が見られるということで、これは冬のテーマ「クラフト調」の中で表現されているようです。

アウターにおける「M-65タイプのデザイン化」の比率は12%。 コートやジャケット等全てのアウターを含めると1.9%。100人中2人の出現となります。 以上が「M-65タイプのデザイン化」の今回の位置づけ。

次に「デザイン化の要素」を羅列すると以下のとおり。 「パッチワーク調のデニム切り替え」「プリント入り」「スタッズ」「ワッペン」。

今回は確認していませんが他アイテムに見られる「デザイン化の要素」を、 次シーズンのテーマに沿って用いてみるのも良いと思います。

#メンズジャケット

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round