• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

コートの素材変化【現状確認】2015/12/17


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年12月05日(土) 気温:16度 晴れ 13:30~15:15 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母集団N:178人 標本数(n):9/73人

コートのデザイン化が進んでおります。 ロング丈、ダブル前立て、ショール衿、ブルゾン衿、衿なし、シャツ風、カーディガン風、カラーコート,etc。 前回「非ウール系」の中で素材トレンドについて少し触れましたが、 今回はウール系も含めた全てのコートを対象に”素材変化”をテーマに現状を考察してみます。

今回キャッチした「コートの素材変化」のテーマに合致するキーワードは3つ。 1.杢調(ミックス柄)、2.チェック、3.柄織物です。

1.「杢調(ミックス柄)」...杢糸以外に白黑2色の糸と織り組織で作られるミックス柄に注目。 2.「チェック」...ブロック、シャドー、大柄など脱定番柄が進行中。 3.「柄織物」...パッチワーク風、幾何などシーズンテーマに合致した柄が登場。

以上を出発点とし、業界発信のテキスタイルトレンドを新レイヤーとして現状の上に重ねます。 そしてストリートを継続ウオッチし変化を更新し続けておりますと、 だんだんベクトル(方向と大きさ)がはっきりと浮かび上がってくるのではないかと思います。

#メンズコート

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round