• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

表キルティングアウター【登場】2016/02/08


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 表キルティングアウター【登場】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ [メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年02月06日(土) 気温:9度 晴れ 13:30~14:30 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:108枚 標本数(n):7人

アウター素材トレンドに変化の兆しを感じます。 定番から意匠化への流れが全体としてみられる中、「キルティング素材」が新鮮に映ります。 この現象は2016年に繋がる新・定番の登場という見方ができそうですから、 まずは基本データを抽出し 2月いっぱい推移を眺めることが重要になると思います。

今回確認したファッション層におけるキルティングアウターの出現率は6.5%。 発展の余白は多く残されている様です。 問題は投入のタイミングとデザインの最適化ですね。

少しデザインに触れておきますと、 変化の要素が思った以上に多く入っている事が今回の注目ポイントです。

以下、新たなキーワードをメモしておきます。 「MA-1とカバーオールの混血デザイン」、「ビッグカラー(衿)」、「オーバーシャツ」、 「ハンティングジャケット風」、「コーティング素材」。

#メンズアウター

1回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round