• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

黒ブルゾンルック【登場】2016/02/18


期間:2016年02月06日(土) 気温:9度 晴れ 13:30~14:30 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:58人 標本数(n):5人

レディスカジュアルゾーンで黒いブルゾンを主軸としたルックを複数人で確認しましたのでメモしておきます。 ブルゾン種類は、MA-1とレザーブルゾンですが、もうひとつの チェックポイントはカラーアクセントを1つ入れるということ。

写真左端から、 「デニムショートパンツ」「ピンクのバッグ」「赤いニット」「タータンチェックスカート」「ストーンウオッシュ風グレー」

マニッシュ(メンズ風)とフェミニン(女子っぽさ)が、うまく配分されたルックというイメージでしょうか。

この日の「黒ブルゾンルック」比率は 8.6%でした。 着用者層は前期マジョリティの後半(マス層の中央)あたりが最頻値である様に感じました。

#レディスブルゾン

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round