• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

ボーイッシュルック【拡大】2016/03/07


[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年03月05日(土) 気温:13度 晴れ 14:00~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:92人 標本数(n):8人

レディス先行トレンドがメンズに影響を与え、また反対にメンズ先行トレンドがレディスに影響を与えるという、 トレンドのクロスジェンダー化が継続しています。 このような状況の中、今回はレディスの「ボーイッシュルック」に注目してみます。

象徴的ルックを取り上げてみると、以下の通り。 1.MA-1系ブルゾンルック・・・ビッグシルエットブルゾン+テーパードパンツクロップド仕上げ+スニーカー。 2.Gジャン系ルック・・・肩羽織りGジャン+ジョガーパンツ+スニーカー(スポーツミックス)。 3.ライダーズジャケット系ルック・・・レザー+ヒョウ柄+シアー素材(レース含む)。

全体を通してベースボールキャップが共通アイテムですが、ベレー帽で差別化ポイントとしている人物もおります。 またパンツ裾をロールアップしたり、見せる為のソックスを使用したり、足首にアクセントを置く着こなし方も共通点として挙げることができそうです。

この日確認した「ボーイッシュルック」は、92人中、8人。9%の出現率でした。

いっぽうメンズ市場では一部のファッション層(アーリーアダプタ層)にレディス発信型「ボーイッシュルック」を見ることができます。上記のタイプで言うと、「2.Gジャン系ルック」になります。こにもトレンドのクロスジェンダー化を見る事ができました。

#レディスルック

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round