• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

クラッシュデニム・クラッシュパンツ【拡大】2016/03/09


[レディス。メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年03月05日(土) 気温:13度 晴れ 14:00~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:214枚(男122女92) 標本数(n):11人(男5女6)

2015春にデニムパンツを中心に登場したクラッシュ加工は、2016春に拡大フェーズに入った様です。 男女共通トレンドであること、クラッシュ加工の対象がデニム以外にも広がっている点を押さえておきます。

2016春夏コレクショントレンドにおいてもグランジインスピレーションが引き続き登場しており、 ソーシャルコミュニケーション領域に与える影響が強まっているのかもしれません。

余談ですが、オンライン上ではソーシャルリスニングという方法で言及状況を調べるのですが、 同じことをオフライン上で行ってきたのがストリートの定点観測であるというのが私の立場です。

今回確認した「クラッシュデニム・クラッシュパンツ」は214人中、11人。 出現率は5.1%(男4.0% 女6.5%)。昨年と比較すると女子の拡大度合いが強いのが特徴です。

記事の編集 - DRECOM BlogSet

写真は上段がストリート(オフライン)で、下段がSNS(オンライン)で、両者を比較してみました。

Memo: 【ソーシャルリスニングのデザイン活用】 1.ブランド言及状況の把握 (実数・比較・変曲点) 2.インフルエンサーの特定 (発見・活性化) 3.消費者インサイトの抽出 (商品開発のヒント)

#レディスパンツ

2回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round