• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

ビッグシルエット・パンツ【拡大】2016/03/10


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年03月05日(土) 気温:13度 晴れ 14:00~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:122枚 標本数(n):15人

メンズのパンツシルエットにも変化が訪れています。 ビッグシルエットのパンツが急拡大しており、これは 昨年には見られなかった現象であります。

レディスのビッグ&ワイドシルエット化に牽引されるカタチで コーディネートトレンドにも幾つかの共通項を見ることができます。

さて、 ビッグシルエットパンツはスラックスタイプのイメージが強いと思いますが、 春に向けて綿のカジュアルタイプも見られる様になっています。

シルエットコーディネート(トップス)を3つに分けると以下の通り。 1.ビッグ&ショート(トップス)xビッグパンツ、 2.ビッグ&ロング(トップス)xビッグパンツ、 3.ナロー&ロング(トップス)xビッグパンツ、

1.2.が現在の主流。 3.は未来の候補(2016FWコレクショントレンド)であります。

この日撮影した122名中、15名が「ビッグシルエット」のパンツでした。 出現率は12.3%で、メジャー化するかどうかの一歩手前に位置しています。 4月も継続ウオッチしてゆきます。

追伸 【調査の目的3ステップ】 1.「実態を知るための調査」→2.「説明するための調査」→3.「予測をするための調査」 継続ウオッチする目的は、3.「予測をするための調査」であります。

#メンズボトム

14回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round