• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

Gジャン【拡大】2016/03/28


[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年03月18日(金) 気温:18度 晴れ 14:00~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:98人 標本数(n):23人

3月後半、Gジャンが急上昇しており遂にMA-1の出現率を1ポイント超えました。 この日のGジャン出現率は23.5%でした。先週は9.8%でしたので13.7%の伸び率になります。

◆この数字がどれ位のインパクトを持っているのか? 1-出現率23.5%は、「MA-1」の数値と近似であり大きな市場性を連想させます。 2-伸び率13.7%は、ロジャースの普及理論から見ると「急上昇」していると言えそうです。

◆このデータの活用方法は? 1-推移を追うことで、分析用データとしての蓄積・パターン化など予測ツールとして利用できます。 2-相対で比較することで、外部のソーシャルデータと自社の顧客データ差を理解し、施策立案に役立てることができます。

最近ではSNS上のキーワード出現率(話題の状態)を照合することで、新しい知見が得られる様です。

#レディスアウター

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round