• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

デニムコート【拡大】2016/04/05


[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年03月29日(火) 気温:17度 晴れ 14:20~15:25 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:133人 標本数(n):7人

今春はデニムトレンドであります。 コートにもデニム素材使いが現れ、その数は少しづつ増加しています。 この日確認したデニムコートは7人で、出現率5.3%であります。

最近の傾向として、「メンズの離散トレンドがレディスに飛び火する」という現象があり、 デニムコートに関しても同じことが言えるかもしれません。 (当レポートを、アイテムで切り取り男女で比較している理由)

たとえば集計対象に「デニムアウター」を加えると メンズの出現率は0%から2.2%に上昇し、 レディスの出現率は5.3%から7.6%に上昇します。 昨年秋から遡って現在の比率を眺めると メンズ離散トレンド であることがわかります。 単品(Parts)、組み合わせ(Combination)、総合(Gross)。 需要予測における変数入力 に差があらわれる部分で、ここは重要な差別化要因であると考えています。 これら分析結果のアウトプットは、 1.販売最適化:「レビューの上位表示ワードの特定」、「キャンペーンへの適用」、 2.商品開発:「MDへの適用」「デザインへの適用」 などです。

#レディスアウター

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round