• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

ボリュームパンツ【拡大】


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年06月04日(土) 気温:25度 晴れ 13:00~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:64人 標本数(n):17人

メンズボトムにもボリュームシルエット化の波があり、 オピニオンリーダー中心に2016秋冬から本格化してきた感があります。

そして2016年6月現在、 「ボリュームパンツ」出現率は26.6%で、【拡大】フェースにあるということです。

但し今回の数値は母数がアーリーマジョリティに偏ったデータを扱っていますので、 他所では使えません。当ブログ内だけで使う”参考値”として見てください。

ファッションタイプは ボリュームパンツ・ルックはモードミックス、ストリートなどを中心に広がっておりますが、 今後はさらに幅広いタイプに波及することと予想します。 またモードミックスの中でも細分化が進みますから”深さ”の追求も重要になると思います。

デザイン面では”ウエストのデザイン化”があり、ダブルベルトや大胆なタックなどが出現すると考えます。 この点ではレディスが先行事例となるでしょう。

素材面では”きれいめデニム”、光沢ツイル、合繊ミックス、タイプライターなどの高密度、そして2重織り。 ボリュームシルエットに対して、「張り・コシ」素材を適用する場面と「柔らかさ」を適用する場面の2極を 意識してデザインされることとなるでしょう。

#メンズボトム

6回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round