• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

ボリューム・モード【登場】


[メンズ・レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年06月11日(土) 気温:29度 晴れ 13:30~14:45 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:108人 標本数(n):4人

ビッグシルエット、ボリュームシルエットどうしのアイテムを組み合わせたルックに関して、 昨年まではどちらかというと消極的な見方をしておりました。 理由は 背の低い者には不向きなシルエットではないかという思い(込み)からです。 が、今春から随分と見慣れた感じがします。

見慣れてきた理由は2つあって、 1.「数量変化」・・出現率の増加が実感できる。 2.「質の変化」・・オピニオンリーダーが着用している。 となります。

その様な状況下、「ボリューム・モード」というジャンルを立て動向を眺めてゆきます。 定義はまだ有りませんが、 ベーシックウエアをモード的(前衛的)解釈でリ・デザインしたルック としておきます。

従いまして素材、ディティール、シルエットに前衛的エッセンスが入って来るイメージになります。

前衛的エッセンスは、コレクショントレンドから採用され、中でも新規性・独自性の高い要素を取り込む ことになります。

カラー展開は「モノトーン」「オールブラック」「ブラック&ホワイト」「カマイユ配色」などが分かり易い。

#メンズスタイル

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round