• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

ウエストイン・Tシャツ【拡大】


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年07月02日(土) 気温:31度 晴れ 14:15~15:10 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:152人 標本数(n):9人

レディスでは前期多数派市場(市場全体の34%)を超えた感のあるトップスのウエストインルックは 約1年遅れて、メンズ前期多数派に浸透しつつある・・・というのが今回の見方であります。 ボトムインルックは今までにも幾度かブームがありましたが、 本質的なものではなく一時的な現象であったと理解しています。

メンズのウエストイン・Tシャツには大きく2つの傾向がある様で、 「フレンチ、ロック」なルックのボトムシルエットはフィット、スリム型であり、 それ以外はビッグ、ルーズなボトムシルエットであります。

着こなし成功のポイントは、 「アイテムxシルエットxレングス」のバランス感覚にあると思います。

例えば左端の写真をお手本とするならば、 1.ビッグサイズのカラーTシャツ、袖を少し巻き上げる。 2.ルーズ&リラックスなボトム、クロップド丈。 3.POPな柄ソックスとワッペン付(?)レザーシューズで足元を遊ぶ。

それぞれ「アイテムxシルエットxレングス」の要素が入っております。 また未来トレンドの要素が導入されることで、 他とは少しことなる乙なバランスが構築されていると思います。

この日の「ウエストイン・Tシャツ」の出現率は5.9%でした。

#メンズスタイル

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round