• RESEARCH&DESIGN TOKYO 小山隆

プリント・シャツ【登場】


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年09月17日(土) 気温:27度 晴れ 14:00~15:30 母集団N:100人 標本数(n):5人

ベーシックからのシルエット変化、シルエット変化からの意匠化(デザイン化)が始まりました。 シャツにおいては、綿からレーヨンや綿から合繊がらみへと素材使いが変かしています。

ディティールに関しては、まず衿型の変化が挙げられます。 スタンドカラーやオープンカラー(開襟シャツ)が登場・拡大しました。 また両胸のダブルポケット化という流れもあります。

そして今回取り上げるのは「プリント・シャツ」です。 「無地から柄ものへ」の流れが始まっていて、 これはTシャツについても同じことが言えます。

柄域は、1.「大人っぽい小柄」2.「ポップなイラスト」3.「アート/絵画調」を確認。 来年の2018年春夏にはも繋がる要素であると思います。

とくに長袖のプリントシャツが新鮮で、 柄域は上記の1.と3.。レーヨンのテロテロした風合いであることがミソです。

さらに先行ディティールを挙げておくと、 衿型はレトロなロングポイント。フラップ&パッチポケット。ブラウスっぽいゆったり感のあるシルエット。

#メンズシャツ

15回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round