• 小山 隆(Research&DesignTokyo)

裾を広幅で折り返す【登場】


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年10月15日(土) 気温:22度 晴れ 13:50~14:.25 母集団N:145人 標本数(n):4人

”ビッグパーツ”は2017年春夏のコレクショントレンドのひとつ。 たとえば「大きな衿」のアウターや「ファートリミング」のカフス。 面積で大きくみせる方法と、容積(ボリューム)で大きくみせる方法ですね。 従いまして、パンツの裾を広幅で折り返す行為は、 面積でビッグパーツを表現していることになります。

このことを知っておくと、新しくパンツを買ったときに裾上げし忘れたとしても、 自信を持って太く折り返すことができるんじゃないでしょうか。

ちなみに、パンツの全体トレンド(主流)は、 ”クロップド丈”が主流です。

広幅に折り返した上でクロップド丈であること が重要ですね。

#メンズボトム

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round