• 小山 隆(Research&DesignTokyo)

ブルゾンのデザイン化【拡大】


[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年10月22日(土) 気温:20度 晴れ 14:15~15:00 母集団N:88人 標本数(n):6人

Ma-1タイプのバックプリントやアップリケ刺繍、多ワッペン使い。 またいっぽうでスエードや別珍、レザー、プリント素材の登場など、 ショートブルゾンのデザイン化が拡大しています。

ショートブルゾン、ショートジャケットというカテゴリは今後も伸びてゆく気がしています。 昨年同月比(2015年10月)を比較すると、既にアウター・コート比率が高く、 その分が今年、ブルゾンに集中しているのだろうと思います。 (昨年のコート比率にはすさまじいものがありましたから)

レディスの傾向を見てもデザイン化の波は確認できますし、 コレクショントレンドと合致してもいます。

「デザイン化は進む」としたとき、 その方向は、対象は何でしょう?  ”極端ディティール”など新しい芽も幾つか確認していますが、 市場性の大きな順番に並び替える(優先順位をつける)ことが重要になってきそうです。

ビッグシルエット、スタジャン、スカジャンを除外し、 「ブルゾンのデザイン化」で集計した際の出現率は、6.8%でした。 まだまだ伸び代はありそうですね。

#メンズブルゾン

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round