• 小山隆

スリットコート【登場】


[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2017年1月24.25日(第4週) 気温:6-8度晴れ 14:00~15:00 母集団N:94人 標本数(n):4人

今冬のシーズン末(セール明け)に入ってロングコートが拡大しています。 今回撮影した写真の24%がロングコート姿で、 そのうち17%が長めのスリットが開いたコートでした。

「軽量仕立てxロングスリット」のデザインは、 身体を動かした際に風に揺れ、より軽やかな印象を与えます。

2017年春のファッショントレンドは「女性らしさ」が全面に出てくるようで、 「ロングスリット」はコレクショントレンドの中の、ドレスやワンピースに 見られたディティールでもあります。

従って「スリットコート」の浮上は、2017年春の先取りデザインであると理解することが出来そうです。

アメリカの経営学者マイケル・E・ポーター氏によると、 競争優位の究極は「価格」か「差別化」のどちらかであると言います。

そして「価格優位性」は流行の 早期検出 + 投入のタイミング から生れると思います。

今回のテーマ(スリットコート)に当てはめると、

「ロングスリット」が”早期検出”に関して。 「2017年春の先取り」は”投入のタイミング”に関してであるとして、 スリットが適用されるアイテムは、コートの次は何であるか?を連想で考えてゆくと面白い。

コート以外で周辺データを集め仮説を強化してゆくと、 何らかの方向性が垣間見えて来るのではないでしょうか。

#レディスコート

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round