• 小山隆

盛りブルゾン【登場】


[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2017年4月15日(第15週) 気温:21度 曇り 14:00~15:00 母集団N: 193人 標本数(n):3人

ファッションの意匠化現象が広がるなか、 ブルゾンにもあからさまな装飾デザインが登場しました。 大きなフリルやギャザー、スモッキング使いのディティールが印象的。 今の流行りからすると”盛りブルゾン”といったところでしょうか。

原宿ストリートにおけるブルゾンのトレンド変化を振り返ってみると、 2016年頃からMA-1がダウントレンドとなり、代わってGジャン、ライダーズジャケットが 大幅に上昇したのが17年春の出来事でした。

今回の観測値: Gジャンルックは38/193人で、約20%の出現率。 ライダーズルック32/193人で、約17%の出現率。

簡単に言うと、10人中3.7人はGジャンかライダーズを着ていました。ということです。 両者ともアイテム自体のデザインはシンプルなものです。

さて、そのような環境下での 盛りブルゾン。 4/15現在の出現率は1.6%。 10人中0.16人という、イノベーティブな状況ではありますが、 今後増加はしてゆくと思いますので、期待とともに取り上げておきます。

#レディスアウター

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round