• 小山隆

定点観測について


デザイナー3年目の

1996年に上京し、間もなく渋谷で定点観測を始めました。

そして21年、

仕事の領域はプロデューサー業にまで広がりました。

情報量は年々増大し、情報コストは限りなくゼロ円に近づいて来ると理解しています。

しかし私は定点観測を辞めることは無いでしょう。

何故か?

定点観測は儲かるのでしょうか、答えはNOです。

そもそもお金の為に定点観測をしているのでは有りません。

「どの様にマネタイズしてるの?」と聞かれることがあります。 自分では超シンプルだと思っていて、"求められた結果を出すこと"でお金に変換しています。 顧客から求められる結果があって、その原因にあたる部分が定点観測です。

因果系列で結果を導いて行きます。

従って私の行う定点観測は、少々執拗で過剰で深掘りが大好きです。 事務所は神宮前交差点付近に移り、思い立ったら1分で定点観測が実行出来るようにしました。 結果が出なかったら私のリスク。 結果が出たらしっかり儲けさせて頂きます。 ただそれだけです。

#TOPIC

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round