• 小山隆

グレンチェック【拡大】


[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2017年11月15・16・17日(第46週) 気温:17・16・17度・晴れ 母集団N: 382人 標本数(n):58人 出現率:48.3% SNS:#グレンチェック 投稿50,066件

17年冬のファッションテーマは「英国調」に最も勢いを感じます。 視覚的に入って来やすいのがチェック柄で、 例えばチェック柄のアイテムコーディネートをしていた人物は観測数全体の7.3%でありますが、 実際の体感では3割くらい?いやもっと居るでしょう?と思う人も多いんじゃないでしょうか。 視覚から来る印象は、けっこう人間の感覚を狂わせているのかもしれません。

さて今回は英国調テーマの中でも特に話題の「グレンチェック」に照準を当ててみます。 チェック柄を6つに分類してそれぞれの数を比較してみるとグラフの通り。 1位の「グレンチェック系」が約50%でトレンド独占状態にあることが分かります。 ここを外してしまったブランドは悲しいですね。

グラフを”グレンチェック系”としている理由は、 ひとつとして同じグレンチェック柄は無かった・・という意味を表わしています。 柄の個性は多様であります。 しかし分類上は「グレンチェック」が占めています。

森と木の関係で例えると、 遠くから見ると今も昔も同じような”森”だけど、 森の中に入ってみると以前とは全然違っていて、 木の個別化・個性化なるものがどんどん進んでいるようなイメージです。

#レディスカラー

19回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round