• 小山 隆 Research & Design Tokyo

プロダクトマーケットフィット


スタートアップ企業がかかすことの出来ないプロダクト・マーケット・フィット(PMF)。

社会の課題と解決手段を携え新しい未来を描き、社内外の人々の反応を確認しながら 商品・サービスを形にして行くのですが、いま自分たちが行ってい本当に正しいのか? 最後の審判を下すのはエンドユーザーですが、売れる売れないを決める要因は複数ありますよね。 そこを少しでも多く知っておかねば、大変なことになる。。 我々の未来像はもしかすると、思い込みではないか?を検証し、ズレがあったら変えなければならない。 プロダクトマーケットフィットは、そのために行うものだと理解しています。 今回、2つの訴求アイデアに対してテストしてみました。

複数のペルソナに対して、それぞれ訴求の仕方、キャッチコピーや写真を変えて、どの伝え方が想定する顧客の心に刺さるのか?をデータで検証してみました。

訴求 1          訴求 2

1.心に刺さった要素 2.刺さらなかった要素 3.価格のテストも行ないました。 結論は、「これではいかん!

自分的には衝撃的な結果となりましたが、修正すべきポイントがはっきりした事は本当に良かった。 最大の効果を、効率的に、後で検証可能な状態にして知れた事は大きな意味があります。 後々マネジメントに大きく効いてくることでしょう。

#TOPIC

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
渋谷電脳リサーチ(Research&Design Tokyo)
  • facebook
  • Twitter Round