• 小山 隆 Research & Design Tokyo

チェック柄の行方【普及】


[レディス・メンズ]原宿トレンド 撮影日:2020年02月15日(第7週) 気温:16度 くもり 母数:110人 標本数(n):17人(女11人・男6人) 出現率:15.5%(女16.7%・男11.1%)

チェック柄トレンドは続いています。 2020-21年冬はコートに飛び火・拡大したシーズンでした。 またパンツにもトラッドなチェック柄使いが登場し、ローファーやドレッシーなレーズアップシューズを合わせた コーディネートが新鮮でした。

そして2020年春以降の方向性として現在を眺めてみると、 いくつかの方向性が示唆されているようです。

・60-70年代調のレトロな風味であること。 ・ビッグ(大柄)であること ・カラー化またはシック化(色の変化)

「レトロな風味」はトレンドテーマと、 「ビッグ(大柄)」はビッグシルエットや長い着丈のコートと相対しています。

また、 デザインの構造として、 「伝統的なチェック柄」に対して「奇抜なシルエット」「ディティール変化」という軸もあります。

「伝統的なチェック柄」とは、ブラウンベースのトラッドチェック全般。

「奇抜なシルエット」とは、ダブル前のジャケット、ショート&ボリューミーなコートなど。

「ディティール変化」とは、ベルテッドコートやベルテッドジャケット、異素材の切り替えなど。

今回の出現率だけを見ると、格子柄トレンドは普及のピークを越え、行き渡っている感がありますが、 スタイリングやコーディネートの差別化の点から将来を俯瞰すると、まだ進化の余白はありそうです。

寄稿:【アパレルウェブ】

http://blog.apparel-web.com/

#ストリートリサーチ #メンズコート #レディスコート

16回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round