• 小山 隆 Research & Design Tokyo

パステルカラー【登場】


[レディス・メンズ]原宿トレンド 撮影日:2020年02月15日(第7週) 気温:16度 くもり 母数:110人 標本数(n):8人(女性5人・男性3人) 出現率:7.3%(女性7.6%・男性5.6%)

色に変化が起きています。今回のテーマはパステルカラー。 今春のトレンドとして明解に確認できたという意味でステータスを「登場」としています。 現在の出現率は、女性7.6%・男性5.6%ですが、 今後はもっと上昇してゆくんだろうと思います。

今回観測したパステルカラーはサックス、オレンジ、ピンク、ラベンダー、グリーン。 うち、サックスが最も鮮度が高く感じます。 その理由は単純に、今まで街であまり見かけなかった色味だったからでしょう。 (ファッショントレンドとしての色では無かったという意味)

それがスーツやトレンチコートなどに乗って登場したため新鮮に映ったんだと解釈すると、 あらためて鮮度は物事の関係性の上に成り立っていることを再認識します。

ところで、「パステルのサックス」の先には「ハイブリーチのデニム」が位置すると考えています。 参照先となる時代背景は80年代後半~90年代前半。一部のファッション層を中心に一昨年前頃から兆候は出ています。(彼らの動向はマス化に向けて需要を予測する1つのデータとして扱っています)

寄稿:【アパレルウェブ】 http://blog.apparel-web.com/

#ストリートリサーチ #メンズカラー #レディスカラー

0回の閲覧

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round