【流行観測】2021年4月レディストレンド|シャツ コーディネートが拡大!


【マニッシュトレンドと社会環境】

「いまは戦時下にある」。バイデン氏は21日、米国のコロナ死者が40万人超と第2次世界大戦の死者数を上回ったと指摘し、強い危機感を示した。(2021年1月22日付け 日本経済新聞)。「ファッションは時代を映す鏡」と言われますから、昨今のマニッシュトレンドは「強く生きよう!」というメッセージなのかもしれませんね。。。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【流行観測】2021年4月レディストレンド|

シャツ コーディネートが拡大!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[レディス]2021春夏 原宿ファッション定点観測レポート

撮影日:2021年4月3日(第13週)

気温:21度 晴れ

母数:96人

標本数(n):13人

出現率:13.5%




ヤングカジュアルシーンでシャツの復活が始まったようです。

これは男女共通トレンドです。









【カラー】

白シャツがトレンド。

生地はブロード。マニッシュトレンドが背景にあることで整合性を感じます。

メンズは黒シャツ比率が高かったのに対して、レディスは白シャツが圧倒的多数。

・白 61.5%

・黒 7.7%

・カラー 7.7%

・その他 23.1%



【シルエット】

全体としてオフボディである事が前提。

パリッと張りのある風合いの生地xボリューミーな分量感で構成されるシルエットに、フェミニンディティールが重なります。

・ビッグ・ボリューム 46.2%

・ロング丈 30.7%

・レギュラー 23.1%











-----------------------------------------------------------------------------

出典:

リサーチ&デザイン東京(渋谷電脳リサーチ)

http://www.shibuden.biz

寄稿:

【アパレルウェブ】

http://blog.apparel-web.com/

-----------------------------------------------------------------------------





【渋谷電脳リサーチ式 商品企画】

 -アーリーアダプターの着装変化を定点観測で定量的に計測し、

 -仮説に基づいたデザインを作成、

 -オンライン上でフィードバックを収集し、

 -製品への関心を評価する仕組みを構築する

-----------------------------------------------------------------------------


Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

新規事業開発・立ち上げ支援

RESEARCH & DESIGN TOKYO

LOGO-1800px-nvy.jpg
MENU