テーラードジャケットのコーディネート【拡大】2021/4/5


【今回感じたこと】

 ・ファションは全ての人に対して、生活を豊かにする効能があると再認識。

 ・20代中心にファッション性の高い装いをした人が増加。

 ・街の人出は、未だ戻らぬ外国人観光客を覗くとコロナ以前のレベル(2020年2月)

  を超えているかも。


【伝えたいこと】

 ・商品企画開発の方向性

  20代はファッション性+アルファでビジネス回復の可能性あり

  30才以上市場に求められるのは、新しいライフスタイルに対応する「新しい服に求められる機能とは?」を見つける




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テーラードジャケットのコーディネート【拡大】2021/4/5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[メンズ]2021春夏 原宿ファッション定点観測レポート

撮影日:2021年4月3日(第13週)

気温:21度 晴れ

母数:120人

標本数(n):22人

出現率:18.3%




今回の観測ではストリートトレンドがカジュアルからドレスへと、

全体のカテゴリー構成バランスが変化している印象を受けました。


ドレスカテゴリーを象徴するアイテムトレンドは、

スーツ、セットアップ、シャツ、スラックス、シューズなどがありますが、今回はテーラードジャケットに絞って詳細を見てみます。






【シルエット】

「きっちり」と「リラックス」に大分でき、それぞれが対照的なデザイン構成要素を持っています。

「きっちり」は、構築的、肩パッドが入った伝統的な形状、きっちり上品な雰囲気。

「リラックス」は、非構築的、オーバーサイズのシルエットでリラックスした雰囲気。



【生地】

・主流は合繊系。ポリエステル高混率タイプ。

・合繊系はスポーツ機能系とお水系の2極

・「合繊品質xトラディショナルな外観」が新しい。



【デザイン】

・ベーシックなシングル2Bテーラードジャケットを多数確認

・リラックス系はダブル前立てがトレンド

・黒ジャケットが復活?

・異素材の切り替えジャケットの着用者が登場

・スペンサー風などデザインジャケットも複数名確認。




ヤング層カジュアルシーンでは、ドレッシー(着飾る)な方向に向かっている印象を受けました。

今後はビジネスファッションとは決定的に異なる差別化を、分かり易く提案できるか否か?が戦局を左右すると思われます。






-----------------------------------------------------------------------------

出典:

リサーチ&デザイン東京(渋谷電脳リサーチ)

http://www.shibuden.biz

寄稿:

【アパレルウェブ】

http://blog.apparel-web.com/

-----------------------------------------------------------------------------





【渋谷電脳リサーチ式 商品企画】

 -アーリーアダプターの着装変化を定点観測で定量的に計測し、

 -仮説に基づいたデザインを作成、

 -オンライン上でフィードバックを収集し、

 -製品への関心を評価する仕組みを構築する

-----------------------------------------------------------------------------








Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

新規事業開発・立ち上げ支援

RESEARCH & DESIGN TOKYO

LOGO-1800px-nvy.jpg
MENU