ニット・セーター【トレンド情報】


今回は定点観測データの中から「ローゲージニット」及び「ニットの柄化」に注目すると同時に、日米のニットに対する検索トレンドを調べます。

また急激上昇しているキーワードを抽出、デザインバリエーションを可視化してみます。




神宮前/表参道エリアで、男女ともローゲージのニットコーデが拡大。とくに「柄化」に注目しています。






Googleで日米5年間の検索需要・推移を調べてみました。


◆国内検索ワード:「ニット」は2016年12月を指数100とした場合、2021年12月は86ポイント。前年同月比で2ポイントアップ。



【上昇キーワード】


1.「h&m チャン キー ニット」





2.「ナイキ エピック リアクト フライニット」





3.「チャン キー ニット ブランケット」





4.「透かし 編み ニット スカート」





5.「童貞 を 殺す ニット gu」

 米国の「virgin killer sweater」に対して「バージンキラーセーター」という事だと推測します。

 念のためGUのラインナプを見ましたが、見つかりませんでした。







◆米国:「Sweater」は2019年12月を指数100とした場合、2020年12月は67ポイントまで下落し、2021年12月末時点で62ポイント。

前年同月比で2ポイントのダウン。





【上昇キーワード】

1.「virgin killer sweater」





2.「gucci blackface sweater」





3.「taylor swift cardigan sweater」





4.「tate langdon sweater」





5.「balenciaga sweater」





6.「let it snow sweater」






なお今後ますます「エンドユーザーの検索需要に応えつつ、オリジナリティで勝負する」が、すべての商売にとって重要な事だと考えますので、情報は参考程度に留めて貰えればと思っています。



------------------------------------------------------------------------

画像:

・The internet ’s source of freely-usable images.

・Takashi Koyama taken a photo.

・From online image search results.


2021.12.5 記



渋谷電脳リサーチ(リサーチ&デザイン東京)

https://www.shibuden.biz/









Recent Posts