カットソーのタートル・ハイネック【登場】2015/11/06

ストリートリサーチの鬼!小山 隆 [Ryu Koyama] -原宿ファッショントレンド考察アプリ表示1開始アプリ表示終了1

StartFragment[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2015年10月31日(土) 気温:15度 曇り 14:00~15:30 対象:アーリーマジョリティ中心 メンズ母数(N):128人 標本数(n):7/44人EndFragment

ストリートリサーチの鬼!小山 隆 [Ryu Koyama] -原宿ファッショントレンド考察アプリ表示1開始アプリ表示終了1

StartFragmentインナーの衿型が大きく変化し初めています。 シャツはスタンドカラーやカラーレスが登場・拡大方向にあり、カットソーはハイネック・タートルネックが登場・拡大方向にあります。 昨年から一部のファッションリーダー層に見られたディティール変化で今シーズン拡大フェーズに入るかどうかが決定するのだと思います。 カットソーを着用していたファッション層、44人のうち、7人がハイネックまたはタートルを着用していました。比率にすると約15%です。 意外に少ない?と感じられるかもしれませんが、実態とは大体この様なものなのかもしれません。 今後、カットソーのタートル・ハイネックが拡大するか停滞するかを占う指標は、スタイルよりもアイテム間コーディネートの動向にあると考えます。 分析材料は以下のとおり。 ●コーディネート(説明変数の洗い出し)> 秋1:レザーショートJAC + タートルインナー 秋2:チェスターコート + クルースエット + タートルインナー 冬1:中綿ショートJAC + クルーニット + タートルインナー 冬2:チェスターコート + クルーニット + タートルインナー ●影響するアイテム(相関を見つける)> 1.「アウター」の種別構成比 2.「クルーニット」の着用率 ●企画テーマ設定(アルゴリズムをつくる)> ディレクションワークEndFragment

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round