スカジャン【拡大】2016/04/04

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2016年03月29日(火) 気温:17度 晴れ 14:20~15:25 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:133人 標本数(n):7人

レディスの「スカジャン」が拡大フェーズにあります。 この日の出現率は5.3%。先週比2.2ポイントの上昇です。

面白いのは、出現率を推移で眺めると、 メンズは減少傾向にあり、レディスは拡大傾向にあるという事。 これはMA-1にも同じ現象が現れております。相対で見ると以下のイメージ。

1-メンズは、出現率5%前後の小規模トレンドが、長期間持続し、10%代をピークに離散する。 2-レディスは、前半はメンズと同じですが、持続期間が短期で、出現率20%代をピークに離散・消滅する。であります。

「離散する」の意味は、”デザイン化”を指しています。 MA-1で例えると、離散化(デザイン化)によって、オーセンティック(本物・原型)の領域から散りぢりに変化してゆくさまであります。 この現象はメンズの方が激しく、ここがメンズトレンドは変化の幅が小さく(細かく)が分かりにくいと言われる所以かもしれません。

レディス領域への利用: マニッシュテイスト、ボーイッシュテイストを強く持つブランドは特に「メンズの離散トレンド」を 活用することで、ソーシャル起点の先行提案が戦略的に行えるかもしれません。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round