プードルファーのアウター【拡大】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2017年1月11.13日(2週) 気温:8-12度晴れ 14:00~15:00 母集団N:60人 標本数(n):4人

毛皮トレンド(フェイク含む)が多様化しているようです。 今回はシルエット変化には触れず、素材変化にのみ焦点を当ててみます。

ところで「プードルファー」とは、 プードル犬ではなく羊の縮れ毛のことで、裏返しにするとムートンボアになります。

いっぽう「ボア」を出発点にしてみると、 この現象は”ボアのデザイン化トレンド”であると見ることもできそうですね。

さて今後の見通しはどうでしょう?

観測したファッション層60名の中で毛皮(フェイク含む)のアウター姿が9名。 うちプードルファーやその派生タイプであったのが4名です。

「その他の毛皮」と「プードルファー」に分けてバランスを見てみると、 55.6%:44.4% のバランスになります。

ファッション層だけにフォーカスすると、 「プードルファー」の着用率が結構高かったことに気が付きます。

時系列で数値を追い過去の指標で評価してみたり、 未来情報を掛け合わせてみるなどで、何らかの新しい発見が見つかるかもしれません。

毛皮トレンド(フェイク含む)は、次シーズンも継続する要素ですが、 「どのように?」の問いに答えるにはもっと深く考察する必要がありそうです。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round