ファッションリーダー層を定点観測し先行指標としています。

都内のファッションエリアで年間約42週、約10,000枚の街頭写真を撮影しています。

今回観測した春のアウター第1位はトレンチコートで、出現率は21.5%もありました。(OLの仕事着とは異なる、カジュアル用途である点がポイントです) ビッグシルエット、ロング丈、軽量仕立て、合繊生地使い、は昨年から継続。 特徴的だったのは「ニュートラルカラー」にトレンドが集約されていたことです。

チェック柄トレンドが継続しています。 2020-21年冬はチェック柄がコートに飛び火・拡大したシーズンでした。 またパンツにもトラッドなチェック柄使いが登場し、ローファーやドレッシーなレーズアップシューズを合わせた コーディネートが新鮮でした。

2020-21秋冬コートの先駆け現象として、 シャンブレー地(玉虫色の生地)を使ったコートに注目します。生地のトレンドテーマでは「光沢」に分類されるもので、 玉虫色の

4回に分けてレポートしてきた「2020冬 防寒着トレンド」も今回が最終です。 ムートンコートは出現率5.4%のイノベーティブなアイテムであります。 70年代ファッショントレンドの拡大にともない、 来シーズンの注目度上昇が考えられる素材&アイテムであると思っています。

今シーズンも軽量仕立てのロング&ボリューミーなシルエットのコートがトレンドでした。 いっぽう年齢が上がるにつれてダウン・中綿ジャケット率が上がります。

[レディス]原宿トレンドチェック
撮影日:2020年01月19日(第3週)
気温:9度 晴れ
母数:202人
標本数(n):110人
出現率:54.5%


◆現況:
今シーズンの商戦は全体的に苦戦が続き、特にアウターの販売不振が深刻ですね。。
エンドユーザーはどういう状況になっているのか? 気になります。
「企業とエンドユーザーとの間にはギャップがある」と仮定して当レポートを作成してみ...

[レディス・メンズ]原宿トレンドチェック
撮影日:2019年10月15-16日(第42週)
気温:20度 曇り
母数:263人(79+184)
標本数(n):3人
出現率:1.1%

今秋頃からポリウレタン生地使いのアイテムコーディネートを見かけるようになりました。
前週に比べて今週は少し出現率が上がってきている様に感じたので集計してみました。

出現率について、
男女合わせると僅か1.1%...

Please reload

Archive
Recent Posts
Please reload