【流行観測】2021年4月メンズトレンド|カジュアルシーンでスラックス姿が増加中

【自らがフロンティアになる】

「これからは2番手では通用しない。AI(人工知能)の時代になれば、トップランナーたちが多くの利益を占有するからだ。」とは、ジャーナリストの田原 総一朗氏が2018年 日経ビジネス誌上で語った言葉です。あらためて重みを感じさせる言葉だなと思います。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【流行観測】2021年4月メンズトレンド|

カジュアルシーンでスラックス姿が増加中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[メンズ]2021春夏 原宿ファッション定点観測レポート

撮影日:2021年4月3日(第13週)

気温:21度 晴れ

母数:120人

標本数(n):24人

出現率:20%



ヤング層のカジュアルシーンはドレッシー(優美)な方向へ向かっています。

パンツトレンドもその傾向が顕著で、スラックス見えするパンツが拡大しています。






【シルエット】

シルエット別の割合は以下のとおり。

ストレート:20.9%

テーパード:50.0%

ワイド・ビッグ:29.1%

今後はストレート比率が増加、フレアータイプは少数派状態で推移すると思います。



【生地】

合繊生地トレンドはパンツにも適用されます。

現在はベーシックなツイルや平織りタイプが中心ですが、今後は

ジャケット同様に「スポーツ機能系」「お水系」、その先に「合繊品質xトラディショナルな外観」タイプに広がると予想します。



【カラー】

今回確認したのはブラック、ベージュ、ブラウンの3色に分類できます。

そのうちブラックの比率が約75%を占めました。

今後はカラー化が進むと思います。

カラー化の根拠としては、

1,全体としてメンズパンツのデザイン化傾向がみられること。

2,レディスでは合繊のカラーパンツが拡大傾向にあり、男女共通トレンドが常態化・時間差で行き来する傾向があること。となります。




私はディレクターの役割とは、

目前の顧客の痛み(不満・課題)を解消することと、

未来を創造することで、異なる2つの視点を併せ持つことが重要だと考えています。

この考えを式で表すと以下のとおり。

意思決定=「市場」x「時価総額」x「時間軸」のバランス





-----------------------------------------------------------------------------

出典:

リサーチ&デザイン東京(渋谷電脳リサーチ)

http://www.shibuden.biz

寄稿:

【アパレルウェブ】

http://blog.apparel-web.com/

-----------------------------------------------------------------------------





【渋谷電脳リサーチ式 事業開発(商品・市場)】

 -掛け算で事業を考える

 -市場を推定する

 -仮説に基づいたデザインを作成、

 -オンライン上でフィードバックを収集し、

 -製品への関心を評価する仕組みを構築する

-----------------------------------------------------------------------------




Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

新規事業開発・立ち上げ支援

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round