当社はファッションリーダー層を定点観測しブランド開発や商品開発の先行指標としています。

ここではトレンドレポートやマーケティング情報など、皆さまのお役に立てるような情報を発信してゆければと思っています。

ダウンジャケット・中綿アウター【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年2月15・17・24日(第7週) 気温:14・12度 晴れ・曇り 母集団N: 103人 標本数(n):5人 出現率:4.9% SNS:#ダウンジャケット 投稿41,062件 #ダウンコート 投稿26,629件 ショート丈のダウンジャケットに注目しています。 現在の状況を確認すると、 アウター・コートは 非ダウンが主流でしたが今シーズンの末頃から 一部のファッション層でダウン・中綿アウタールックが確認できるようになりました。 この回の出現率が4.9%であるように、数値で見るとさして魅力的には映らないかもしれませんが、 着用者層x推移で眺めるとその評価は反転し、来シーズン(2018年冬)の可能性を感じます。 デザイン面を見ると、 ショート丈、ボリューミーなダウン分量、ドロップショルダー、アウトドアー調など幾つかのキーワードを確認できます。 ひと言でまとめると「少しレトロでスポーティ感のあるデザイン」です。 前回のレポートとの違いはノースフェイス等のギア系ブランドが複数見られたことです。 更新すべきポイントとしてメモしておきます。

進化版ショートブルゾン【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年2月15・17日(第7週) 気温:14・12度 晴れ・曇り 母集団N: 94人 標本数(n):9人 出現率:9.6% SNS:#ショート丈 投稿7,310件; #ショートブルゾン 投稿293件; #ショート丈コート 投稿161件; #ショート丈アウター 投稿66件 2018年AWメンズコレクション”アメカジ”テーマに属するようなショートブルゾンに注目。 オーバーシルエットのドリズラーやGジャン型をベースとしつつも、 素材の乗せかえやパフ分量が追加されたシルエット・ディティール等で新たらしさが追加されたデザインである点に注目します。 例えは写真左上のオーバーシルエットのGジャン型は、 ドロップ肩ワイド袖という現在のトレンドに パフ袖xコーデュロイxダークカラーという加点ポイントが組み込まれたデザインであるという見方が出来そうです。 他にも「マルチカラーのブロックチェック大」は春のプレッピールックに向けて。 「パステルピンクのスエード調コットン」「パステルの合繊ピーチ調」は今秋冬の延長として、 「NYストリート風」は来秋に向けたスタイル提案として、幾つかの仮説を持って眺めることができると思います。

デザインコート【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年2月15・17日(第7週) 気温:14・12度 晴れ・曇り 母集団N: 94人 標本数(n):6人 出現率:6.4% SNS: コートのデザイン化傾向が以前にも増してきているようです。 シルエット変化は当たり前のものとなった今、 素材変化とディティール変化で差別化への舵が切られたというイメージです。 ディティール変化とは、 「カフス付き」「ウエストシャーリング」「ブラウジング」「パフ袖」を指しています。 従来のトレンドワードは「切り替え」「インサイドアウト風」「ベルト付き」「ラップ風」「ガウン風」など。 素材変化とは、 ボンディングと柔らかな合繊生地の拡大を指しています。 とくに合繊生地に関しては、ブランドにとってテーマ設定の段階から関係する要点であると考えています。 以上、18年春を新たなる変曲点とし、コートの変化をウオッチしてゆこうと思います。

シャギーコート【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年1月26・27日(第4週) 気温:4・6度 晴れ・晴れ 母集団N: 102人 標本数(n):3人 出現率:2.9% SNS:#シャギーコート 投稿581件 #シャギーニット 投稿10,527件 18年AW素材トレンドのひとつ「シャギー」。 17年11月当初はニット中心に拡大し2月に入ってコートにもシャギー素材が見られるようになりました。 ファーコートのレポートでも触れましたがシャギー素材は全体的に毛足が長くなってきている傾向があります。 シャギーコートに関して、 毛足の長さと素材の軽さがファーコートやウールコートと差別化される点だと感じていて、 どちらかというとニットコートに近い感覚かもしれません。 次シーズンを考えると、 ファンシーな素材を軽く羽織るのがシャギーコートの差別性・立ち位置と仮定すると、 適合するデザインはガウン風だったり、カーディガン風だったりするのだろうと思います。

サテン生地【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年1月26・27日(第4週) 気温:4・6度 晴れ・晴れ 母集団N: 102人 標本数(n):4人 出現率:3.9% SNS:#サテン 投稿22,736件 素材トレンド「サテン」の現在の状況を把握しておきます。 もう少し幅を大きくとって”光沢素材”でまとめ、時系列で眺めてみると、 17年秋冬のトレンドは18年春に向かって「ベロア」「サテン」「箔」「コーティング」などに広がってゆくイメージです。 さらに次の18AWシーズンを考えたとき 光沢素材はファーとの対比で鮮度が増すのだと仮定すると、 提案すべきコーディネートが浮上し、開発すべきアイテムやシルエットが特定されると思います。 追記: この日の「サテン」出現率は3.9%。 アイテムはワイドパンツ、ポンチョ風のコート、スポーツブルゾン。 マニッシュ、モード、古着ミックスのスタイリングでした。

80年代調アメカジ【やや拡大】

[メンズ・レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年1月26・27日(第4週) 気温:4・6度 晴れ・晴れ 母集団N: 男110人・女102人 標本数(n):男9人・女3人 出現率:男8.2%・女2.9% SNS:#アメカジ 稿346,140件 18AWメンズコレクションではアメカジテーマが浮上しているようですが、 ストリートではコレクションのそれとは少し違った角度で、アメカジファッションが浮上しているように感じます。 前者がウエスタンやワーク&ストリートであったのに対し、 後者はスポーツ&スクール、ミリタリーのイメージ。 両者に共通するのは80年代後半-90年代前半の時代背景であると理解しています。 キーアイテムはショートブルゾン。 ビッグシルエットのGジャン、コーチジャケット、ドリズラー、N-2B。 これらキーワードはもう少し細分化し時系列に配することで、 検索ワードや画像のタグ付けの際の重みづけを行う参考値となります。

ダウンジャケット・中綿ジャケット【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年1月26・27日(第4週) 気温:4・6度 晴れ・晴れ 母集団N: 102人 標本数(n):7人 出現率:6.9% SNS:#ダウンジャケット投稿40,094件 #中綿ジャケット投稿810件 #ダウンコート投稿26,036件  #中綿コート投稿576件 20才前後にダウンジャケット、中綿ジャケットに復活の兆しを感じましたのでレポートします。 注目すべきはノースフェイス等のオーセンティックなアウトドアータイプではなく写真上段の柔らかなイメージです。 80年代のスポーティな古着風であることが特徴で、カラフルさやデザインされたシルエット・ディティールが印象的です。 ウールコート、ボア、ファーでアウターの8割以上を占める中、 ダウン・中綿系をファッション層が着用しはじめたという傾向は商売として魅力的に映ります。 以上、 ヤング層に見られた新しいダウンジャケット・中綿ジャケットルックについてのレポートでした。

ブランド開発について

技術革新による社会変化(意識の変化)は、私にとって嵐の中の大海を小船で航海しているような感覚に襲われます。 そのような環境の中 ファッション(服)に対する定義が変わってきたなと感じています。 【ファッション(服)の定義】  今まで→「消費」の対象  今後→「資産」という役割 つまりファッションは 「自分が着て、最後は廃棄する」消費物だったものが、 「自分で着たり、他人に貸したり、人に売ったりする」資産に変化したとのだという立場です。 ファッション(服)≒資産 という考えがもし正しいとしたら、 我々はどのようなブランド開発を行うべきでしょう? これが今回の問題提起です。 話しを先に進める前にもうひとつ、ファッション(服)とアパレル(服)との違いについて押さえておく必要がありそうです。 ここではファッション(服)の対極にアパレル(服)があると考えます。 「アパレル(服)」はAiによるレコメンド消費が普及し、ますます”モノ”化が進むと思います。 モノとは、日常品や普段着で価格と記号のバランスで購買が決定されるような商品を指します。 いっぽうファッション(服)は≒資産となりますから、 商品の作り方、売り方も従来とは大きく変わるのだろうと推測します。 例えば、 ブロックチェーンxトレーサビリティ技術を経済活動に組み込むと仮定しただけでも、 提供すべき商品・サービスは全く違ったものになりそうです。 今後企業は「ファッション」を扱うのか「アパレル」を扱うのか、 選択を迫られることになるのだろうと思っています。 上記は「ファッション≒資産」のイメージ図です

カラーファー【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年1月26・27日(第4週) 気温:4・6度 晴れ・晴れ 母集団N: 102人 標本数(n):12人・3人 出現率:ファー11.8%・カラーファー2.9% SNS:#ファーコート 投稿40,892件 #カラーファー 投稿1,280件 ファーコートの勢いはまだ止まりません。 この日は出現率11.8%まで上昇しました。 そのような状況下で注目すべき点がカラーコートの出現であります。 黑とブラウンが主流の中で、 パステル調のピンクやサックスを確認しました。 ライトグレーも含めるとカラーファーの出現率は2.9%→3.9%に上昇します。 毛足が長くなってきている点も変化ポイントです。 キーワードは「ファーコート」のままですが、 もう少し掘り下げてみるとカラー化と毛足の長さの2点が新たに浮上してきました。 これらのキーワードは来年のデザインに影響を与えるであろう重みづけの対象とします。

定点観測についての考察

Tweet-1 定点観測の役割が変化してきたなと感じています。 今までの定点観測は服装の変化を見るのが主目的でしたが、最近は人種を見ることが重要だと思っています。人種とは影響力x属性を指しています。例えば、この人のこの服装は他の誰かに対して影響力があるだろうな・・・という評価をすることです。 Tweet-2 定点観測はいわゆるインフルエンサーマーケティングに近くなったと思っています。ある人に対して、他の人がどう反応したかを見るという点において。。。どうやって判断するのか? それは写真をタグ付けし、外見の変化を文字起こしすることから始まります。 Tweet-3 スナップ写真にタグ付けしたり写真からトレンドワードを文字起こしする作業は、まだまだ人間のクリエイティブがモノをいう領域かもしれません。経験の上に文脈を読んだり行間を埋めたりする必要があるからです。でも、早く自動化したいものです。 Tweet-4 インフルエンサー軸で商品をデザインするということは変化に対してピボットし易くなるという効果があると思います。ブランディングとバランスすることを前提に運用すれば考えられる副作用は大した問題ではないと思います。 Tweet-5 インフルエンサーは固定化してはいけないと考えています。環境は常に変化することを前提に全てフローで備えておく事が長く仕事を続けてゆくコツだと思うからです。ブランドのコンセプトさえも、フローにすべきだと思うこの頃です。環境の変化はあまりに大きくて早いから。 Tweet-6 分析品質を高めるにはデータ品質を高める必要があり、インフルエンサーの見分け方が最初のハードルだ

AI化のスピード 予測

デジタル化はどのように進んでゆくのか? 変化の中でデザイナーはどのような役割に変わってゆくのか? 企業は業務プロセスの改革と組織改革が行われ、 個人のスキルセットは強制的な変更を迫られることになると予想しています。 以下、私の中で指針としている図を掲載してみました。 補足説明: 期限・販売チャネル・競争力 2. ~2018年・EC店舗化・CRM起点 3. ~2020年・半自動型店舗化・Ai起点 4. ~0205年・全自動型店舗・感性起点(個人) Ai化の過渡期はAiの性能競争とデータ解析競争が繰り広げられ、 Ai化が普及した後は購入者個人の感性を、Aiが運用するようになると思っています。

90年代風マニッシュルック【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年1月26・27日(第4週) 気温:4・6度 晴れ・晴れ 母集団N: 102人 標本数(n):6人 出現率:5.9% SNS:#90年代 投稿55,813件 1990年前後の大学生やOLに見られたようなマニッシュルックに注目します。 90年代前半といえばボディコンファッションに象徴されますが、 それらとは異なるタイプであります。 メンズ服を着ちゃってます的な感覚が特徴で、 男からすると「彼氏いるのかな。。」と思わせるような、微妙な線が男心をふるわせます。 あらためてファッションは心理学と密接だなと思います。 当時のイメージに最も近いルックが左端の写真で、 黑のN3B風ナイロンコートがメンズ服(仮定です)。 黑タイツにミニ丈ボトムの組み合わせで女性らしさのバランスを取るカンジ。 ミニ丈ボトムは他にも、ツイードのミニスカートや、ミニワンピースなど。 この日の出現率は5.9%。 マニッシュルックの中でも”90年代風”っぽさを感じたルックのみの数字(推定)です。 今後どのような進展を見せるのか継続ウオッチしてゆきます。

Archive
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round