当社はファッションリーダー層を定点観測しブランド開発や商品開発の先行指標としています。

ここではトレンドレポートやマーケティング情報など、皆さまのお役に立てるような情報を発信してゆければと思っています。

盛りブルゾン【登場】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2017年4月15日(第15週) 気温:21度 曇り 14:00~15:00 母集団N: 193人 標本数(n):3人 ファッションの意匠化現象が広がるなか、 ブルゾンにもあからさまな装飾デザインが登場しました。 大きなフリルやギャザー、スモッキング使いのディティールが印象的。 今の流行りからすると”盛りブルゾン”といったところでしょうか。 原宿ストリートにおけるブルゾンのトレンド変化を振り返ってみると、 2016年頃からMA-1がダウントレンドとなり、代わってGジャン、ライダーズジャケットが 大幅に上昇したのが17年春の出来事でした。 今回の観測値: Gジャンルックは38/193人で、約20%の出現率。 ライダーズルック32/193人で、約17%の出現率。 簡単に言うと、10人中3.7人はGジャンかライダーズを着ていました。ということです。 両者ともアイテム自体のデザインはシンプルなものです。 さて、そのような環境下での 盛りブルゾン。 4/15現在の出現率は1.6%。 10人中0.16人という、イノベーティブな状況ではありますが、 今後増加はしてゆくと思いますので、期待とともに取り上げておきます。

白黒コーデ【登場】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2017年4月4.7日(第14週) 気温:17・21度 晴れ・曇り 14:00~15:00 母集団N:78人 標本数(n):5人 今回取り上げるのは流行りの「黒コーデ」に対する「白黒コーデ」という切り口です。 前者は全身を黒アイテムでまとめた着こなし方ですが、 後者は白アイテムを軸に、白と黒のアイテムでまとめた着こなし方である...という立ち位置をとります。 では軸となる白アイテムとは何でしょう? 白ブラウス、白シャツ、白シューズ、・・・今回確認したのはこれだけ。 特に白ブラウス、白シャツに注目で、 ブロード地にフリル等のフェミニンディティールをあしらった、 マニッシュ&フェミニンなデザインである点が印象的。 スクールガール、ゴシックなど、「規則や禁欲的な縛り」の世界観 を背景に重ねあわせることが出来る・・という点がポイントで、 社会課題や国際政治・思想に対するメッセージ性を 感じてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

イエロー【登場】

[レディス]東京・トレンドチェック 期間:2017年4月4.7日(第14週) 気温:17・21度 晴れ・曇り 14:00~15:00 母集団N:78人 標本数(n):5人 春のカラートレンド考察。 前評判通りピンクは広く支持される状況となっておりますが、 では次の新鮮カラーは何でしょう? というわけで今回は「イエロー」を取り上げます。 この日の注目すべきイエロー・カラーコーディネートは2タイプあって、 1つが黒コーデに差すイエロー、 そしてもう1つがデニムルックに合わせるイエロー。 80年代調のポップなファッションに良くあいます。 展開アイテムはスエット、スカート、ボーリングシャツ、サンダルでした。 今回のファッション層におけるイエローの出現率は6.4%。 メンズの一部にもイエローアイテムの採用が見られます。 以上、新しいトレンド潮流でした。

Archive
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round