当社はファッションリーダー層を定点観測しブランド開発や商品開発の先行指標としています。

ここではトレンドレポートやマーケティング情報など、皆さまのお役に立てるような情報を発信してゆければと思っています。

ローゲージニット【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):3人 出現率:1.6% SNS:#ローゲージニット投稿2,719件 10月の中頃から、ハイゲージをすっ飛ばしてローゲージセーターが登場しています。 ショート丈で大きなシルエットをルーズに着こなすイメージで、 カーディガンとプルオーバーの両方が見られます。 プルオーバーに関しては、セーターの裾をスカートやパンツにウエストインする 着こなし方が今年の新しい傾向。 大柄な(リピート間隔が大きい・柄の1パーツが大きい等)ケーブルである点も見逃せません。 ブラウン色も今シーズンのトレンドです。

マキシ女子【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):17人 出現率:9.3%SNS:#マキシワンピ投稿33,714件 #マキシスカート投稿18,674件 #マキシコート投稿284件 10月に入って、丈長トレンドが浮上してきました。 とくにマキシ丈のアイテムバリエーションが拡大している点に注目できると思います。 3つのアイテムに分けてそれぞれの比率を見てみると以下のとおり。 1.マキシスカート 35% 2.マキシワンピース35% 3.マキシコート  30% マキシ丈のアイテムに関しては、今のところ突出したものが無く均等に観測できました。 素材使い・デザイン仕様について、 コートは軽量でシャツのような軽さがあることがポイントで、 ワンピース・スカートも合繊の軽量素材&分量感ある布使いが主流です。 上記のことからも、今後エレガンスファッションの拡大が進むであろうことが垣間見えてくる気がします。 (エレガンス浮上の傾向はメンズも同様です)

ドクターマーチン女子【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):7人 出現率:3.8%SNS:#ドクターマーチン投稿137,112件 全体としてブーツが伸びているようですが、 その中でもドクターマーチンを着用する女子の質的変化に注目します。 ”エレガンスミックススタイルのマーチン女子”がとくに新しくて、 ボディフィットのニットにブランド物のミニショルダーを持つ髪の長い女・・・がイメージ。 90年代のOLエレガンス系ファッションの匂いを感じます。 (写真左側参照) その次に90年代風グランジロック女子の順になります。 (写真右側参照)

スパッツ女子【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):8人 出現率:4.4% SNS:#スパッツ投稿11,874件 バギーパンツ、フレアースカートが一通り行き渡ったのか、 今度はボディフィットの方向へトレンドは舵を切りはじめたようです。 ボディフィットは、ニットトップスやスカートで先行しています。 フレアースカートやワイトパンツとコーディネートされる場合が多くみられますが、 次はボトムにボディフィット化の兆しが見られるという点に意味があると思っています。

ジャケットコーデ【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):6人 出現率:3.3% SNS:#ジャケットコーデ投稿16,053件 #ジャケット投稿310,334件 テーラードジャケットが復活しています。 今までと異なる点は90年代的エッセンスがあることで、 例えば袖まくり、パンツスーツ、肩羽織り、が観測できます。 また今回写真にはありませんが、オーバーベルトや、ウエストバッグを用いたジャケットコーデも存在しています。 「袖まくり」は、肩パットの入ったかっちりジャケットの袖をまくるというアンバランスさがポイント。 「パンツスーツ」は90年代アイドルスターの恰好をまねるイメージ。例えば一世風靡セピア(当時の流行)。 「肩羽織り」はジャケットの袖を通さず肩に乗っける着こなし方。昨年はライダーズジャケットやGジャンでしたね。

ウエストマーク・オーバーベルト【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):5人 出現率:2.7% SNS:#ウエストマーク投稿9,081件 #ウエストマークワンピース投稿193件 #オーバーベルト投稿42件 腰の高い位置にオーバーベルトをする着こなし方が拡大しています。 エレガンス系はもちろんのこと、カジュアルな装いでもオーバーベルトによるウエストマークが見られるようになってきた点に注目します。 ベルト自体に関していうと、 デザイン性や高級感があるタイプが良くて、 例えば大きくて重厚感のあるバックルや、ウエスタン調の装飾デザインなどです。 ちなみにメンズでもオーバーベルト・ウエストマークは適用されます。 今後はオーバーシルエット気味のジャケットやハーフコートで これらのエッセンスがデザインに適用されることになると予想しています。

縦アシンメトリー切り替え【登場】

[レディス・メンズ]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):2人(女2・男2) 出現率:1.1% SNS:#アシンメトリー投稿100,751件 #アシンメトリースカート投稿2,558件 切り替えトレンドに変化。 たて切り替えへの集約化に加え、アシンメトリー要素が加わりました。 さらに色柄化やその他のトレンドが加わり新しい切り替え表現が生まれています。 今回取り上げるのは以下の3デザイン。 1.左右色違いのチェックパンツ 2.脇1部分が切り替えられたプリーツ・ミニスカート。 3.スカートとパンツを半分づつ繋ぎ合わせたようなリメイクパンツ。 縦アシンメトリー切り替えは、トレンドセッターに近い人種に見られる点が特徴だと思います。 実数はすくなく、出現率は今回、男女合わせても1%代でした。

シック・グリーンに注目【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):4人 出現率:2.2% SNS:#グリーン投稿744,226件 ここ数シーズン”流行色”は1つではなく細分化しているなと感じます。 さて、 今シーズン(2018aw)のトレンドカラーは 1、ブラウン 2、オレンジ そして、 3、バーガンディ 4、レッド が続くというイメージがありますが、もう1色 5、グリーン も見逃せない色だと思っています。 とくに少し青味がかった深くシックなグリーンが新鮮で、 60sレトロ、90sエレガンス、カジュアルなどジャンルを超えて観測できます。 ファッションのカラー化(アイテムのカラー化)が進む中、 来年も継続しそうな色として今後の動向に注目してゆきたいと思います。

プリーツ【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月9・10日(第41週) 気温:25度曇り・26度晴れ 母集団N:183人 標本数(n):7人 出現率:4.4% SNS:#プリーツスカート投稿65,382件 #プリーツワンピース投稿1,612件 #プリーツパンツ投稿4,628件 プリーツの適用アイテムは多くがスカートです。 ロング丈、ミニ、両方でプリーツスカートルックが観測できます。 ファッションタイプ別に見るとスクールガール風がミニスカート。 レトロ&エレガンスタイプがロングスカートでした。(なお、このゾーンではプリーツワンピースもみられます) もう少し俯瞰してみると、 最近は男女ともボトムのデザイン化が進んでおり、 その延長上にプリーツ・ディティールがあると理解します。 またメンズにおいてもMIYAKE ISSEY風プリーツのパンツを取り入れた着こなしが たまに見られるようになりました。(市場全体の2.5%未満)

ワントーンコーディネート【登場】

[レディス・メンズ]原宿トレンドチェック 期間:2018年10月3日(第40週) 気温:25度曇り・26度曇り 母集団N: 119人 標本数(n):6人 出現率:5.0% SNS:#ワントーンコーデ 投稿43,301件 #ブラックコーデ 投稿137,011件 #ブラウンコーデ投稿8,671件 全身を1つの色系統で合わせたコーディネートを ワントーンコーディネートと定義しています。 (ブラックコーディネートは除外) 「90年代的、ファッションのカラー化」の流れを受け、 レディスではパープルやグリーン、ピンクなど 強い色味でワントーンコーディネートが出現している点が見どころ。 いっぽうメンズはグレーのワントーンコーディネートが登場している点に注目します。 現在(第40週)の出現率は 5.0%。 「ブラックコーディネート(9.2%)」を含めると14.2%まで拡大します。 インスタグラムで「#ワントーンコーデ」で検索すると投稿数は43,301件ありました。 比較対照として今シーズントレンドの「#ブラウンコーデ」は投稿数8,671件・「#カーキコーデ」投稿数4,727件。 熱量高めですね。 店頭ビジュアルの見せ方・伝え方などにワントーンコーディネートを取り入れてみると効果的かもしれません。

マキシルック【登場】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年9月11-13日(第37週) 気温:25度曇り・26度曇り 母集団N:125人 標本数(n):8人 出現率:6.4% SNS:#マキシワンピ投稿33,236件 #マキシワンピース投稿12,911件 #マキシスカート投稿18,443件 #マキシコート投稿276件 #マキシルック 一致する結果はありませんでした。 ロングコート、ロングスカートなど、丈長トレンドが継続していますが、 今度はシルエット全体で丈長を表現するという意味で「マキシルック」という切り口が新鮮に映ります。 今回確認したマキシルックは以下の通り。 マキシワンピース マキシスカート マキシコート マキシスカートルックに関しては、 丈の長いトップスを合わせた(写真)アイテムコーディネート、 全体としてダークカラーであったり黒っぽいカラーコーディネートで仕上げると ”トレンドのど真ん中感”が増すと思います。 マキシルックはフェミニンなスタイルに多くみられることも特徴のひとつだと思います。 まとめると以下の公式が仮説となります。 Y=AX1xBX2xCX3+D 求められているデザイン(Y)=フェミニンスタイル(AX1)xダークカラー(BX2)xマキシシルエット(CX3)+αブランドらしさ(D)

90年代OLファッション【拡大】

[レディス]原宿トレンドチェック 期間:2018年9月11-13日(第37週) 気温:25度曇り・26度曇り 母集団N:125人 標本数(n):10人 出現率:8.0% SNS:#90年代 投稿82,784件 #90年代ファッション 投稿3,286件 ファッショントレンドの中心が、80年代から90年代へと移行しつつあります。 2018年1月第4週と今回の数値を比較してみると以下のとおり。 ★街の出現率は2.1%増加。(5.9%→8.0%) ★インスタグラム投稿数は25,090件と145%増加。(55,813件→80,903件) 熱量は高いですね、もっと伸びるんだろうと思います。 ●今回のチェックポイント メンズっぽいシャツとスラックスのコーデ。 シルク等の落ち感のある生地使いで多少の水っぽさがある点がミソです。 またメンズでも類似のトレンドが存在しています。

Archive
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round