レザースカート、レザージャケット【拡大】



男女とも、レザーウエアを取り入れたコーディネートが拡大しています。

昨今ではエコレザーが主流ですが、呼び方はPUレザー、フェイクレザー、ヴィ―ガンレザーなど、様々です。







レディスでは、レザースカートが比較的多く、ミニスカートやフレアーロングなど、様々なデザインが見られました。






メンズはレザージャケットが主流ですが、テーラード、コーチジャケット、デザインブルゾンなど、こちらも様々なデザインが見られます。





◆Googleで日米の検索需要・推移を調べてみました。

「レザー/Leather wear」

国内:2020年11月を指数100とした場合、2021年11月は96ポイントでした。

米国:2016年12月を指数100とした場合、2021年9月に93ポイントまで上昇しています。





「レザージャケット/leather jacket」

国内:2017年10月を指数100とした場合、2021年11月は97ポイント。



米国:2017年11月を指数100とした場合、2021年11月は94ポイント。

また毎年11月頃定期的にピークを迎えるシーズン性の高いワードである事も分かります。





「レザースカート/Leather skirt」

国内:2020年11月を指数100とした場合、2021年11月は89ポイントです。



米国:2021年10月が指数100のピークとなっています。2019年10月に指数94で兆候が表れ始めていましたが、2020年10月は指数65と落ち込んだその翌年の再上昇となります。





◆「レザースカート/Leather skirt」に注目。

国内と米国のグラフを見比べてみます。米国の検索需要が日本の1年先行していると仮定すると、日本で来年もう一度レザースカート波が来るかもしれない?という仮説が立てられます。


1,米国で「Leather skirt」の関連ワードを調べてみました。

「Leather skirt」の検索件数を100とした場合、「Bkack leather skirt」の検索件数は65。

先日レポートした「mini skirt」よりも検索件数が多く、昨対で3倍の増加、ここ3年間での需要の伸びは著しいものがあります。


2,国内の「レザースカート」の検索件数は、米国の 0.4%程度。

また主な関連ワードは見つかりませんでした。

「プリーツスカート」「スカートロング」「フレアスカート」が引っかかる程度。

この状況をどうとらえるか、未来は変わりそうです。





◆ZOZOTOWNで新品市場の供給状況を調べてみました。

「スカート」の対象商品数は 194,381 件、うち「レザースカート」は 8,401 件で スカート全体の約4.3%。

「レザースカート」の内訳を見ると「レザースカート ミニ」は3,101 件、「レザースカート ロング」は3,092 件プラス「その他」という構成でした。タイムセールがすごい・・・






◆メルカリで古着市場の需給状況を調べてみました。

フィルター条件は「いいね順」に加えて、左側が「ミニスカート」、右側が「ロングスカート」です。

ZOZOの検索結果画面と比較すると、黒のレザースカートが多く見られ、街のトレンド実態と合致している様です。








◆まとめ

・定点観測で「レザースカート、レザージャケット」のコーディネートに注目した。

・レザーは素材トレンドで、様々なタイプのデザインが存在していた。

・検索ワード「レザージャケット」:国内、米国ともに11月に検索需要が上昇。

・検索ワード「Leather skirt」:米国市場では、10月の検索需要が5年間で過去最高値に。

・関連ワードは米国市場の「Bkack leather skirt」に注目。国内は関連ワード不在。


・ZOZOTOWN新品市場では、「スカート」に対して「レザースカート」の商品掲載数は 4.3%程度。

・メルカリ古着市場では、「ブラックレザースカート」の出品が多数見られた。





------------------------------------------------------------------------

画像:

・The internet ’s source of freely-usable images.

・Takashi Koyama taken a photo.

・ZOZOTOWN、mercari search results.


2021.11.27 記



渋谷電脳リサーチ(リサーチ&デザイン東京)

https://www.shibuden.biz/













Recent Posts