ワークルック・インスピレーション【拡大】2016/01/28

[メンズ]東京・トレンドチェック 期間:2016年01月16日(土) 気温:10度 晴れ 13:30~15:00 対象:アーリーマジョリティ中心 母集団N:204人 標本数(n):7人

アメリカンカジュアルというスタイルはメンズファッションの主軸で、幾つかのルックに分かれますが、 今回はワークルック(ミックススタイル含)の拡大傾向に注目します。

シルエットを見ると、総じてオフボディである点がポイントで、 中にはコレクショントレンドに見られるような最新シルエットも存在している点がミです。 とくにボトムシルエットに特徴があり、 例えばミリタリースタイルに見られるようなスキニーフィットパンツはあまり見られませんが、 代わってワイド系シルエットや、デニム素材のテーパードやソフトサルエルが登場しています。

アウターは「カバーオール」「ワークブルゾン」。 インナーは「スエット」であります。 帽子は「キャスケット」を2名確認しました。 また「カーゴパンツ」の復活劇が見られるのかどうか、気になっています。

今回確認したワークルックに該当する人物は7人、比率に換算すると3%でした。 2015年11-12月時点のアウター指標で変換し、原宿でのファッション度を計ると、 「前期マス層34%の最初のほう」に位置するルックであることが分かります。 よって「いまが狙い目かもしれない」という評価になります。

Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

アパレルビジネスのデジタル化を促進

RESEARCH & DESIGN TOKYO

MENU
Research&Design Tokyo(渋谷電脳リサーチ)
  • facebook
  • Twitter Round